蝸牛記


日々の暮らし 読書メモ 観劇(レ・ミゼラブルなどミュージカル中心)メモ(筧利夫さん・今拓哉さん中心) 旅行メモ・最近は宝塚にも手を広げてしまいました。
by moriko1012
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

箱根旅行。(月組感想も)

この土日は珍しく観劇もせず、旅行に行っておりました。
学生時代の同期5人で、皆さん半日近くかけて上京してくれまして。
私自身も箱根は中学校の修学旅行以来という、お久しぶりというか、はじめましてでした。
お宿は、張り込んで
ホテル河鹿荘
洋室と和室のミックスの広いお部屋で露天風呂もついていました。(明るいうちに入らないと暗くてダメだったみたいです・・・)大浴場はひろくて、きれいでした。個人用露天風呂がいくつかあるのが面白かった。箱根の泉質はぬるめで、ほんのすこしとろっとしてて、入りやすかったです。
お料理はすごかった。全部で何品でたのか・・・。↓は舟もりと(伊勢海老のお造りとかいろいろ)アワビのステーキウニ添えです。あとは写真撮る前に食べちゃったのでありません。
まったりお風呂に入り、お酒を飲み、だらだらしゃべり(これが重要)楽しいひと時でした。

皆、それぞれの場所でそれぞれがんばっているので、忙しく、なかなか集まるのは難しいのですが、またこういう機会をもちたいなぁと思った2日間でした。
b0051973_23232593.jpg

b0051973_23204379.jpg


そういえば、2月1日に月組観たんでした。念願の一階席でしたが、(初めて1階席でした)客席降り(しかも専科の重鎮さんたちの)が楽しかったなぁ。シブ好きの妹はかなり喜んでいました。
(彼女の趣味は家族ながらよく理解できません。今のお気に入りは宙組の北翔さん←これは私も同意。専科の未沙さん、汝鳥さん・・・。妹よどこへいくのだ)
お芝居は浮船の存在が薄いなぁと。恋愛ものとしてみるにはあまりにも、彼女の存在が希薄。(だからこその浮船なのか)やはり政治ドラマ的要素が強く感じました。
あ、最初の家司たちが歌う「今日も明日も恋文配達(それはそれはがっかりだね)…」という驚愕の歌詞に、この作品って木村作品じゃないよねぇ、とプログラムを確認したりしてました。
ほかは、薫のうたとか「時雨~」とか素敵ですけどねぇ。
やはりショーが気に入ってます。ショーだけで5,000円ならDVD買うなぁ。
中詰の霧矢さんの鬘が前回と違いました。いくつか種類があるみたい。あまりにも濃いデュエットダンスでしたが、癖になる濃さです。先日初日を迎えた星組ショーも同じく藤井さん演出ですが、(土曜日に観た友人によれば)芝居ともになかなか良いようで、楽しみです。
「主演コンビ+8人退団」が先にきてしまいがちですが、作品自体をまず堪能したいと思います。
(まぁ、無理でしょうけど・・・)
[PR]
by moriko1012 | 2009-02-08 23:20 | 旅行記
<< ほほう。 芦ノ湖と富士山。 >>


カテゴリ
以前の記事
MURMUR
お願いとお断り
※コメント・トラックバック歓迎です。ただしブログに無関係のコメントなどは、予告なしに削除させていただきます。
(マルチポストコメントと思われるので意味ないかもしれませんが、とりあえず掲載します)

LINK
TOSHIO KAKEI
筧利夫氏の公式ページ。
ブログの更新結構頻繁です。

私が一方的にですが、「今さん仲間」と思っている方々のブログ。
続・徒然@篠文鳥
歌う風のように

今後の観劇(散財)メモ
1/21 18:30
相棒
日本青年館
1/30 15:30
カサブランカ
東京宝塚劇場

にほんブログ村 演劇ブログへ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧