蝸牛記


日々の暮らし 読書メモ 観劇(レ・ミゼラブルなどミュージカル中心)メモ(筧利夫さん・今拓哉さん中心) 旅行メモ・最近は宝塚にも手を広げてしまいました。
by moriko1012
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

花組全国ツアー「哀しみのコルドバ Red Hot SeaⅡ」

武蔵野市民文化会館のソワレを観ました。連休最後の日、仕事だったのですが、職場からバスで一本という近さでとっても便利。(日比谷もこのくらい近いといいのになぁ)
あいにくの雨でしたが、会場は大入りでした。ロビーには次回の全国ツアーのお知らせが。そう星組全ツ「再会 ノバ・ボサ・ノバ!!」です。DM希望者は連絡先を記入するところがあったので、もちろん記入してきたのですが・・・。これがちょっと微妙。いまどき個人情報保護でうるさいのに、住所氏名などを記入する紙が机に置きっぱなし。背に腹は代えられないと思い、記入してきたのですがちょっと考えてほしいです。



さて、席は1階真中ほどの下手。でも結構見やすく良い感じでした。
お芝居は安寿ミラさんのサヨナラ公演でもあり再々演の柴田さん作の「哀しみのコルドバ」
スペインへは6年前(だったかな)に旅行したこともあるし、舞台のマドリッドもコルドバも行ったので、想像しながら楽しめました。闘牛もみたのですが、最後は牛の血のにおいがたちこめて、なんとも言えない雰囲気でした。
真飛エリオは、雰囲気あってていいですねぇ。彼女は太王四神記でも思いましたが、白い王子系があいますね。黒塗りもとっても似合っています。自分を律し、はずすことをしなかったエリオが、エバに再会して崩れていくところ、そしてその後の衝撃の事実を知って、滅びへと向かっていくやるせなさ、素敵でした。ただ、ヒロインの桜乃エバが、大人っぽすぎるのか「妹」と言われてもなぁ、という感じ。もうすこし、幼い雰囲気が良かったのでは。(そういう意味では桜さんのほうがあっているのかも←ヅカ的にはありえないことですが)彼女は真飛さんとのコンビでは、妹キャラがとても多かったと記憶しているのですが、キハあたりから大人っぽさがついてきたのかな・・・。衣装もずっと変わらないのでしょうけど、けっこうひどい。最初の赤いドレスとか、ありえない。
ありえないといえば、セットもなかなかのチープさでした。ショーが大劇場の持ち越しだから、豪華に見えて余計に差がついたみたい。いっそ、セットをほとんどやめてもよかったと思いますよ。
大空ロメロ、渋い。少壮実業家、となっていましたがもう少し年齢設定が高めなように感じました。あまり見せどころのない役のようにもみえましたが、コルドバで、エリオとエバを見つけたときの激昂と、冷やかさはよかったです。エリオとエバの本当の関係を知った後は、なんともいえない表情でしたね。エリオ亡きあと、ロメロはエバの面倒を見続けていったのだろうなぁと思わせる、懐の深さを感じましたね。案外ヒゲが似合います。宙組トップ期待してます!

ほかは、桜アンフェリータが可憐でよかった。耐える強い女性、でした。目をひくのは真野フェリーペ、あの白い衣装であの足の長さ!すごすぎです。愛音ビセント、結局幸せなのは彼くらいでしたね。救いがないといえばないけど、スペインの乾いた空気感みたいなものは伝わってきたと思います。京さんと絵莉さんのママ対決もすごかったなぁ。

さて、ショーですよ。草野ショー的雰囲気満載です。原色のラテン衣装に中南米の地名が無意味にちりばめられた歌詞。デジャヴ(セルフカバーというのか?)を感じさせるシーンも所々あれど、やっぱり楽しんだもの勝ち!と思わせられます。誉めてるんだか貶してるんだか…。
全ツ恒例の客席降りもしっかりあります。真飛さんのキャラが十二分に発揮されております。「夕日を見に行っちゃう?」と言われたお客さん、どうなっちゃったんでしょうねぇ。貝殻もらってた人もいましたね。
さて、芝居ではいま一つ見せ場の少なかった、未涼さん!(彼女が今回のお目当てです)ショーは大劇場より人が減っているので大変そうですが、見せ場がめっちゃ増えてます。歌もダンスもいっぱいです。特に素晴らしいのは幽霊船のところ。絵莉さんと歌いまくっているのですが、本当に素晴らしい!ああいうの歌えるのって、単なる歌ウマさんじゃ無理なんですよね。こういう歌い手さんは貴重です・・・。(巴里祭がんばってください!)
ほかはカモメのシーンとかよかったです。
フィナーレのデニム衣装は普通のブルーの衣装に変更されていたようで、残念なようなほっとしたような…。

全国ツアーって、やっぱり「ザ・タカラヅカ」を多くの人にみてもらうところに、目的があるんでしょうし、今回はその目的が遺憾なく達成されていたと思います。芝居の歌も、ショーの歌も耳馴染みが良いことも大事でしょうね。(エ~ルアモ~ルがたまに頭を回る…)

秋には柚希さん率いる星組さんです。演目的には芝居がちょっとなぁ…と思いますが、ショーは彼女の持ち味にあっていると思うので頑張ってほしいです。(って最後星組で終わるのかい!)

当日は星組さんの集合日でもあったので、会場のあちこちで星組の太王四神記配役のことが囁かれてました。華美ゆうかさん退団は残念…。セームはいい役なので、最後有終の美を飾ってくれることでしょう。86期、また減っちゃいますね。
[PR]
by moriko1012 | 2009-05-10 23:28 | 観劇レポ
<< 雨の夏、三十人のジュリエットが... 雨上がりの…。(プラスお礼) >>


カテゴリ
以前の記事
MURMUR
お願いとお断り
※コメント・トラックバック歓迎です。ただしブログに無関係のコメントなどは、予告なしに削除させていただきます。
(マルチポストコメントと思われるので意味ないかもしれませんが、とりあえず掲載します)

LINK
TOSHIO KAKEI
筧利夫氏の公式ページ。
ブログの更新結構頻繁です。

私が一方的にですが、「今さん仲間」と思っている方々のブログ。
続・徒然@篠文鳥
歌う風のように

今後の観劇(散財)メモ
1/21 18:30
相棒
日本青年館
1/30 15:30
カサブランカ
東京宝塚劇場

にほんブログ村 演劇ブログへ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧