蝸牛記


日々の暮らし 読書メモ 観劇(レ・ミゼラブルなどミュージカル中心)メモ(筧利夫さん・今拓哉さん中心) 旅行メモ・最近は宝塚にも手を広げてしまいました。
by moriko1012
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

薔薇に降る雨 タイトルの謎。

宙組マイ楽行ってきました。今回は20列ですがセンターで観やすいお席でした。譲っていただいたのですが、本当に感謝です。
さて、寿・鈴奈アルヌー夫妻が弾けまくってたのはいう間でもないことですが、美羽あさひさんのヘレンがよかったです。前回はそこまでではなかったのですが、別れのシーン、今日はすごく迫ってくるものがありました。あと、愛するには…を彷彿とさせる男爵とのシーンも楽しい。男爵、本当にいいヤツだなぁと思います。北翔フランシスは初見よりも年齢設定が下がってる印象。あぁあの位の年齢ならお姉さんの気持ちとか分からず、家なんてどうでもいい、とかいっちゃうよなぁ。フランシスの成長もよく分かるようになってました。今の年齢の私にはやはりイヴェットの選択が現実的だと思えます。(この話のオチが現実的かは別として)
しどころがなくて気の毒なのは悠未さんのグザヴィエですねぇ。男爵がラストでなぜイヴェットと結婚したかったのかを、「身分のためか」「愛のためか」と詰問するいうくだりがありますが、結局答えがでない。多分答えは両方なのかなぁとも思いますが。もう少し台詞か出番があればなぁとも。
さて、お題に書いたタイトルについてですが、このタイトル、話が出来上がる前に適当につけたのだろうなぁと。薔薇はイヴェットのことでいいけど、降る雨、はラストにつけたしのようにでてくるんだもの…。公演間隔が短くなり、演出家も大変でしょうが、ちょっと無理な感じが否めないなぁ。
でもサヨナラ感もわざとらしくなく、前向きなお芝居でよかったです。
ショーは後程。
[PR]
by moriko1012 | 2009-06-28 18:33 | 観劇レポ
<< Amour それは… 怒涛の日々の終り。 >>


カテゴリ
以前の記事
MURMUR
お願いとお断り
※コメント・トラックバック歓迎です。ただしブログに無関係のコメントなどは、予告なしに削除させていただきます。
(マルチポストコメントと思われるので意味ないかもしれませんが、とりあえず掲載します)

LINK
TOSHIO KAKEI
筧利夫氏の公式ページ。
ブログの更新結構頻繁です。

私が一方的にですが、「今さん仲間」と思っている方々のブログ。
続・徒然@篠文鳥
歌う風のように

今後の観劇(散財)メモ
1/21 18:30
相棒
日本青年館
1/30 15:30
カサブランカ
東京宝塚劇場

にほんブログ村 演劇ブログへ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧