蝸牛記


日々の暮らし 読書メモ 観劇(レ・ミゼラブルなどミュージカル中心)メモ(筧利夫さん・今拓哉さん中心) 旅行メモ・最近は宝塚にも手を広げてしまいました。
by moriko1012
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

再会あれこれ。

再会は…。ちえちゃんの初舞台の作品、再再演にあたるらしいけど、実際そんなに再演されるべき作品なのかなぁというのが正直な感想です。




話自体は、プレイボーイな男が真実の愛に目覚めるという、なんとも陳腐なものですが、なんだか微妙に入り組ませている、というか。サンドリーヌとジェラール父とマークたちがグル、だったのはまぁありとして。サンドリーヌも皆をだましていて、という構造。本当に必要なのかなぁ。こんなにややこしくすることないよ・・・。というよりも、これでなぜ二人が結ばれてハッピーエンディングなのさ~。
あと、美容院とブティックに行っただけで、サンドリーヌ、変わりすぎでしょう!もう少し、最初は微妙にしておけばいいのにねぇ。デフォルトが凄かったのに、後は普通に可愛いんだもの。
まぁご都合主義はいいでしょう、まぁ破たんもしてないしさ!
一番いやなのは、老人夫妻までもが、ニセモノってこと!
これは別にニセモノにしなくてもいいんじゃないかい?
これを高等なユーモアと思っているとしたら、脚本演出の石田氏の品性を私は疑っちゃいます。

個人的にはりかマーク、あかしスティーブの服装がたまにダサくて笑ってしまいましたが、ちえジェラールは結構どれもよかったなぁ。一番素敵だったのはクラブと寝室のシーンの深いパープルのやつ。あれはよかった~。
オープニングとエンディング、ねねちゃんのウェディングドレス、ちょっとがっかりな感じでした。もうちょっと彼女に似合うのなかったのかな・・・。
髪型はちえちゃんがどこかのインタで言っていたように、いわゆる一般的なヅカ的男役リーゼントをやめてみた、とのことで、ジャニーズを意識したとか。とても似合っていたし、若々しい感じで好感がもてました。次の大劇場もコスチューム系(ポスタービジュアルでましたね)だけど、今の星組、スーツものもいけると思う!

あと、アドリブ?日替わりは
「おれはオカピーに生まれればよかった」と「なまけものに生まれればよかった」でした。
う~ん、まぁこれについてはとくに凄くうけている、というわけでもなさそうだし、基本コメディだから普通のセリフで笑わせることを追求したほうがいいと、個人的には思います。
ショーはまた後ほど。
[PR]
by moriko1012 | 2009-10-12 21:51 | 観劇レポ
<< やっと…! 全ツ横浜公演。 >>


カテゴリ
以前の記事
MURMUR
お願いとお断り
※コメント・トラックバック歓迎です。ただしブログに無関係のコメントなどは、予告なしに削除させていただきます。
(マルチポストコメントと思われるので意味ないかもしれませんが、とりあえず掲載します)

LINK
TOSHIO KAKEI
筧利夫氏の公式ページ。
ブログの更新結構頻繁です。

私が一方的にですが、「今さん仲間」と思っている方々のブログ。
続・徒然@篠文鳥
歌う風のように

今後の観劇(散財)メモ
1/21 18:30
相棒
日本青年館
1/30 15:30
カサブランカ
東京宝塚劇場

にほんブログ村 演劇ブログへ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧