蝸牛記


日々の暮らし 読書メモ 観劇(レ・ミゼラブルなどミュージカル中心)メモ(筧利夫さん・今拓哉さん中心) 旅行メモ・最近は宝塚にも手を広げてしまいました。
by moriko1012
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

箱舟2010

ちょっと突発で銀河劇場行ってきました。安蘭けい舞台生活20出張周年記念コンサートとのこと。
浦井健治さんがゲストの回、しかも彼の初日でした。
実は、一幕の最後、ちょっと意識飛びました。行きの電車でもうっかり電車乗り過ごしかねないくらい寝てたので危険だなぁと思ってたんだけど…。今回のコンサートの演出はもと宝塚の荻田さん。独特の世界観のお方です。ショー仕立てで、浦井さんの旅人がショーガールのとうこさんに惹かれる…みたいな、ところにコロスみたいな女性ダンサーとジョニデ風海賊な男性ダンサーが絡むという40分ほどのもの。
セットは綺麗でしたが、最初の衣装はゴテゴテしすぎで残念。台詞が録音なのもあまり…でした。ラストで舟を降りた浦井氏がブルースレクイエムを熱唱し始めたあたりで睡魔が。

二幕は普通にトークありのコンサート。
浦井氏の三輪さま物まねが上手です。あ、TDVからサラへを歌ってました。やはりよかったのは、最後のダンスのデュエット。迫力あってなかなか。Don't cry for me Argentinaか I don't how to love himのどちらか一曲歌うのでは、JCSのを。もしかしたら、エビータのほうが合ってたかも。
奈良の1300年関連のイベントで歌うらしく、会場でもずっとながれてました。ひこにゃんを愛するとうこさん的にはせんとくんに複雑なものを抱いているそうです。
ラストのカラーパープルの歌はよかったなぁ。やっぱり力強いのがいいです。
アンコールのひとかけらの勇気は、歌い込みの回数の違いなのか、さすがでした。
曲によって、全然表情が違うので、歌い手さんというよりやはり役者だなぁと思いました。
舞台も次々と決まってるようですし、ミュージカルにどんどん出演されるのを楽しみにしたいです。
[PR]
by moriko1012 | 2010-06-09 21:59 | 雑記
<< キャンディード 元祖丸メンチ >>


カテゴリ
以前の記事
MURMUR
お願いとお断り
※コメント・トラックバック歓迎です。ただしブログに無関係のコメントなどは、予告なしに削除させていただきます。
(マルチポストコメントと思われるので意味ないかもしれませんが、とりあえず掲載します)

LINK
TOSHIO KAKEI
筧利夫氏の公式ページ。
ブログの更新結構頻繁です。

私が一方的にですが、「今さん仲間」と思っている方々のブログ。
続・徒然@篠文鳥
歌う風のように

今後の観劇(散財)メモ
1/21 18:30
相棒
日本青年館
1/30 15:30
カサブランカ
東京宝塚劇場

にほんブログ村 演劇ブログへ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧