蝸牛記


日々の暮らし 読書メモ 観劇(レ・ミゼラブルなどミュージカル中心)メモ(筧利夫さん・今拓哉さん中心) 旅行メモ・最近は宝塚にも手を広げてしまいました。
by moriko1012
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

BAT BOY

BAT BOY The Musical
オーバードホール H列 上手

エドガー 森山未來 ほか


会場は森山さんファンと思われる中高生でいっぱい。皆お金あるねぇ。
お年玉でもつぎこんだのか?
上手のかなり前方席。ちょうどサスがあたるところだったのでちょっとまぶしかった。

話はこうもり少年が森で見つかって、田舎町は大騒ぎ。保安官は獣医夫妻に彼を預けることに。
獣医夫人のメレディスは彼を教育する。ことばやマナーなどを勉強し、エドガーという名前までつけられた彼は、今度は町の人々に受け入れてもらえるよう、復活祭に出席するが。。。

森山さんは歌はまぁまぁかな。でもとにかくダンスの人らしく、動きが素晴らしい。こうもり少年の時の動きやしゃべり方には笑わせてもらった。
杜けあきさんは歌が上手だなぁ、と。福井さんは元アンジョルラスらしい。トーマスの屈折した狂気がよく表せていたと思う。役柄ではなんだかくたびれたおっさん風だったけど、本当は格好いいのね。
保安官の林アキラさんにはもっと歌ってほしかったなぁ。プログラムのライオンには最初??だったけど、二幕の時はおかしかった。
シェリーのシューさん、かわいい。しゃべり方がサエコっぽくて実は苦手な部類の声質なんだけど、上手だったと思う。もう少し、演技ができるようになると、他の舞台でも見てみたいです。

アンサンブルさんでは、町長役のかたと、牧神の人が良かったなぁ。ライオンキングもどきにはそうとう受けた。確かオフブロードウェイだよね、BATBOYって。こういうの好きです。元ネタわかってないと面白さ半減だけど。

ストーリー的には最初からメレディスとエドガーはなんか関係あるなぁと思ってたし、後半からは大分読めちゃってたんだけど、まさかコウモリとの子どもでシェリーと双子だったとわびっくり。奇想天外なストーリーだなぁ。しかも最後はありえないくらいバットエンド。
私はくらーいロンドンミュージカルがすきなので、バットエンド自体は苦手じゃないけど、これはなんか救いのない話しだなぁって、ちょっと観終わった後へこんだよ。

エドガーのことばの訓練のときの「コン」「ちわぁー」のやり取りはおもしろかった。あとご当地ネタでは、メレディスが「ますのすし」あげないわよ、みたいなことを。あと、アンサンブルさんのお知り合いが観にきてたらしく、二幕の最初に探してて、見つかったら自然に拍手が。なぜ?


カテコでは興奮した女子が席から離れて前へ殺到。町長役の人が花束やプレゼントを回収してた。町長さん役の人グッジョブ!
最後には森山さんめがけて花束を投げた人までいたよ(あたらなかったけど)。これは、観劇慣れしていない人がほとんどだったにせよ、ありえないこと。主催者側ももう少ししっかりするべき。同じ県民としてものすごく恥ずかしかった。

そういえば、この日五月の蜷川さんの「タイタス・アンドロニカス」購入。
まだ席は大分あるよう。やはりグロいから?小栗旬では藤原竜也には勝てないのか?
[PR]
by moriko1012 | 2006-01-24 23:59 | 観劇レポ
<< 書の至宝+キャッツ+屋根の上の... グランドホテル >>


カテゴリ
以前の記事
MURMUR
お願いとお断り
※コメント・トラックバック歓迎です。ただしブログに無関係のコメントなどは、予告なしに削除させていただきます。
(マルチポストコメントと思われるので意味ないかもしれませんが、とりあえず掲載します)

LINK
TOSHIO KAKEI
筧利夫氏の公式ページ。
ブログの更新結構頻繁です。

私が一方的にですが、「今さん仲間」と思っている方々のブログ。
続・徒然@篠文鳥
歌う風のように

今後の観劇(散財)メモ
1/21 18:30
相棒
日本青年館
1/30 15:30
カサブランカ
東京宝塚劇場

にほんブログ村 演劇ブログへ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧