蝸牛記


日々の暮らし 読書メモ 観劇(レ・ミゼラブルなどミュージカル中心)メモ(筧利夫さん・今拓哉さん中心) 旅行メモ・最近は宝塚にも手を広げてしまいました。
by moriko1012
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

雨と夢のあとに 7/25ソワレ

b0051973_0243865.jpg

出張二日目。
番組個人ともに先ずは準々決勝。とりあえずトラブルも無く終わりました。
んでホテルに戻って食事をしてサンシャイン劇場へ。ここは風を結んで以来。やっぱり駅から遠いなぁ。
ようやくAKUROチラシゲット致しました~。素敵です。

さて初キャラメルボックスですが。





柳美里さんの原作は未読で、ドラマもみていなかったので、チラシの簡単なあらすじのみの知識でしたが、途中分からなくなることもなく。福田麻由子さんは女王の教室でとても上手な子役さんだという印象でしたが、初舞台なのに、堂々としたものでした。こえも通るし、ほとんど二時間でずっぱりなのに、疲れも見せず立派なものでした。すこし声がかれ気味?だったように感じたので、8月末まで大丈夫なのか心配にも思いました。朝晴さん役の岡田達也さんほか、ほとんど初めましてな方々ですが、印象を簡単に。霧子さんいい味出してた。ほっくんも良い落ちキャラで、最期は決まってた。
ストーリーは、予定調和といってしまえば、そうなんだけど。暁子が幽霊なあたりは最初からなんとなく想像がついてしまったり。
ただ娘を思う父の気持ち、またその逆にも打たれるものがありました。ただ、悪人がほとんどいない、(主要人物には皆無)っていうのはあまっちょろいなぁという感が否めなかったのも事実です。
もちろん、世の中には思いやりに溢れているでしょうが、悪意も確かに存在すると私は思っているので。
あとはセットが単調なのはちょっと飽きたかな。一幕物なので仕方がないかもだけど。照明がなかなか良かったかな。
気になったのは音響です。音楽がちょっと大きすぎたかも。
朝晴が雨をよろしくと両親に頼む所や、観覧車のシーンなどでは涙がこぼれました。

それは芝居が良かったと言うことと、今の私の感情がリンクするところが多分にあったからなのです。

先日、同僚が亡くなられたのです。本当に突然で信じられませんでした。今も信じられません。まだ若く、これからもバリバリ働いていくであろう年齢での死でした。
そのかたにも、お子さんがいらしたのですが、芝居を観ている最中、もしその人が幽霊としてお子さんの前にいるとしたら何と言われるのかしら、などと考えてしまい…。ちょっと時期的に辛かったです。

そして残念なことが一つ。生徒を連れて行ったのですが、少し私語があり、周りの方にご迷惑をおかけしてしまいました。私語の内容は芝居に関することだったようですが、何にせよ許されることではありません。まさか演劇をしている彼等に限ってと思い、事前に特に注意をしなかったことが仇になりました。本当に心から情けなくて、ホテルに帰宅後、きつく注意をしましたが、通じてくれていることを切に願っています。
[PR]
by moriko1012 | 2006-07-26 00:24 | 観劇レポ
<< 旅は続く。 うまいっす。 >>


カテゴリ
以前の記事
MURMUR
お願いとお断り
※コメント・トラックバック歓迎です。ただしブログに無関係のコメントなどは、予告なしに削除させていただきます。
(マルチポストコメントと思われるので意味ないかもしれませんが、とりあえず掲載します)

LINK
TOSHIO KAKEI
筧利夫氏の公式ページ。
ブログの更新結構頻繁です。

私が一方的にですが、「今さん仲間」と思っている方々のブログ。
続・徒然@篠文鳥
歌う風のように

今後の観劇(散財)メモ
1/21 18:30
相棒
日本青年館
1/30 15:30
カサブランカ
東京宝塚劇場

にほんブログ村 演劇ブログへ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧