蝸牛記


日々の暮らし 読書メモ 観劇(レ・ミゼラブルなどミュージカル中心)メモ(筧利夫さん・今拓哉さん中心) 旅行メモ・最近は宝塚にも手を広げてしまいました。
by moriko1012
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

プライス・コレクションとスウィート・チャリティ

今回は京都イン京都アウト。大阪夜行っていう手もあったのだけど、疲れるし久しぶりに京都でぶらぶらしたくてこっちを選択。お天気も良くて1月以来の京都で私が行ったのは国立近代美術館の「プライスコレクション若冲と江戸絵画展」です。東京で夏やってたのを観たかったんだけどスケジュールあわなくて断念していたのですが、今回京都でやっていると知って行ってきました。
いやぁ、面白かったです。江戸=浮世絵とか、琳派っていうイメージしかなかった私ですが、こんな面白いことを江戸時代にやっていた画家がいたんだ~と。特に鳥獣花木図屏風なんてドット画のさきがけ?とか思っちゃいましたよ。色も構図もポップでサイケデリック。かと思えば一筆書きみたいなシンプルな墨絵もあるし。
京都の後、名古屋も巡回するらしいのでお時間のある方是非。

さて、肝心のスウィート・チャリティですが、玉置さん歌もダンスもなかなかです。役にはまっていたのもあるかなぁと思うけど、キュートな感じも良く出てたし。これからもミュージカル、挑戦して欲しいなと思いました。客席は7割くらいかな。玉置さんファンの年齢層的にはチケット高かったんじゃないの?すこし設定高いかな。マチネならアフタートークあったみたいなのに、梅芸先行ではソワレしか当たらなかったんだよね~。一般で取ればよかったな。
個人的には一幕の最初が微妙でちょっと飽きたなぁと思っていたんだけど、それを吹っ飛ばしてくれたのが、石井さんとなにより岡田さん!石井さんの胡散臭いヴィットリオも良かったけど(ソロは流石なのは言うまでもないけど)岡田さんのオスカー!

エレベーターのシーンは笑いが止まりませんでした~。おどおど演技が妙にはまってるし。一幕の最後からお話に引き込まれた気がします。
やっぱ岡田さんの甘い歌声好きだな~。また年齢を感じさせない(失礼かしら)お顔や身のこなしも良かったです。全体的にはダンスのシーンでストーリーがいったん止まっちゃったように感じるのが微妙かな~。あと最初のシーンはもう少し工夫があっても良かったと。始まったような、始まってないような、居心地の悪さを感じました。
唯一こころにとまったのは、チャリティがオスカーに「あんた私のこと何にも知らない」って言うところ。人と人がわかりあうのって難しいな~って思うんですよね。100%は無理、チャリティは多分そのことを分かっている。だから尽くしすぎちゃうのかな。理解しあう配分っていうのか(なんか説明できない)がオスカーとは結局あわなかったんだな~ってこと。

セットはポップな感じでまさしくスウィートでしたが、ヘレンのマイクトラブルが残念でした。

そして某エグゼリーノ様も言ってましたが、ビッグ・スペンダーはタナボタ、むしろキーヨ姐さんの完勝ですね。
[PR]
by moriko1012 | 2006-10-01 09:13 | 観劇レポ
<< マリー・アントワネット凱旋公演決定! 今日も~一日を生き延びた~。 >>


カテゴリ
以前の記事
MURMUR
お願いとお断り
※コメント・トラックバック歓迎です。ただしブログに無関係のコメントなどは、予告なしに削除させていただきます。
(マルチポストコメントと思われるので意味ないかもしれませんが、とりあえず掲載します)

LINK
TOSHIO KAKEI
筧利夫氏の公式ページ。
ブログの更新結構頻繁です。

私が一方的にですが、「今さん仲間」と思っている方々のブログ。
続・徒然@篠文鳥
歌う風のように

今後の観劇(散財)メモ
1/21 18:30
相棒
日本青年館
1/30 15:30
カサブランカ
東京宝塚劇場

にほんブログ村 演劇ブログへ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧