蝸牛記


日々の暮らし 読書メモ 観劇(レ・ミゼラブルなどミュージカル中心)メモ(筧利夫さん・今拓哉さん中心) 旅行メモ・最近は宝塚にも手を広げてしまいました。
by moriko1012
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

Mr. Pinstripe  

飛龍伝以来の青山劇場。

Mr. Pinstripe  I列 下手センターブロック

前日まで得チケが出ていたので、客席状況は?と心配もしていたのですが千秋楽なこともあってかほぼ満席だった。(二階席は不明ですが)上演時間が休憩コミで二時間とは短いなぁとも思いましたが、ショーってこんなものかも(MCなかったし)

オープニングは戸井さんと今さん。今回はセリを使った演出が多かったかな。ちょっと最初から素敵なスーツ姿ではないですか!黒スーツに白シャツなんだけど、襟元にアクセがついててお洒落な感じ。一幕の前半部分だけストーリー仕立てでした。今さんのパンフでの「結末は人に喋らないで」はこのストーリー部分の結末だったのかな。
このシーンでは今さんはモテモテ(もはや死語)っぷりを発揮しておりました。歌わないところでも小芝居をたくさんしていて目が離せませんでした。ちょっとタラシっぽい設定?風花さんに告白されてからは、彼女と飲んでたみたいだけど、風花さんが飲みすぎちゃって大変そう。その後絵麻緒さんともいい感じになってしまい、最初は三人で上手く?やっていたみたいだけど、結局風花さんに平手、パンチ、キック(急所に!)されダウン。風花さん「かぜを結んで」の今さんの妹役以来なのですが、ダンスの素敵なこと!綺麗でした。さて、ダウンした今さん(痛がってる演技が良い)を尻目に、風花さんは樹里さんにであって、恋におちてしまうのです!ここからは、ふたりの宝塚時代を知る人にはたまらないシーンだったのでしょうねぇ。からみが激しくなるにつれて樹里さんの声がどんどんと、男役時代の低い声になっていたのがツボでした。そんな雰囲気の二人を見て、今さんが焦って風花さんに呼びかけるんだけど、二人の世界にどっぷりな二人は無視。最後は今さんは絵麻緒さんと、風花さんと樹里さん、Mr.Cellophane が絶品だった平澤さんと横山さんがまとまり、のこされたのは…、そう玉野さんと戸井さんだったのでした。戸井さんはストレートな設定で、玉野さんはもともと戸井さん狙いだったのかしら、熱烈な抱擁とキスをしてました~。
とにかく、ここがいちばん面白かったな~。私はやっぱりストーリのあるほうが好きなのかも。
あと、一幕の後半は女性チームの倖田來未メドレー、男性チームのアンサンブルとか。

二幕はBilly Joel メドレーから。ここの今さんは革スーツです。シャツはボタン二つほどあけてたと思うけど、チラッと肌見せがセクシーでした。(もっとボタンあけて~と思ってたのも事実ですが)ここで今さんはHonestyを歌ってました。綺麗に歌ってたと思うけど、サビの部分のあがる所がすこしぶら下がり気味だったかも。あと、ガラコンでも思ったけど、英語詩あまり得意じゃないのかな~、と思ったり。その点忠の仁さん訳詩の「This is the moment」は素晴らしかったです。これ、岡さんの1st アルバムにも入っていたので、じっくりと今さんの歌声を堪能することができました。すごい迫力でタメもしっかりとって、衣装も長めのジャケットでイギリス紳士っぽくまとめてたかな。
樹里さんの「New York State of Mine」はジャジーで色っぽくてよかった。スウィート・チャリティでも姐さん!とよびたくなるような格好よさでしたが、ファンになってしまいそうです。小野さんのダンスも綺麗でした。スタイルいいですねぇ。この人も格好いい系。チラシで見ましたが今度「幕末純情伝」やるそうです。格好いい沖田でしょうね~。戸井さんの「アンセム」も朗々として良かった。

玉野さんのタップは前から思ってましたが生で見ると、本当に絶品ですね~。素晴らしい!一幕では平澤さんもすごかった。今さんも挑戦すればよかったのに~。まぁ、今さんのダンスは全体的には素敵でしたけど、たまに遅れてる?とかあったかな。ひとりだけ背が抜きん出てて、手足が長いので悪目立ちする所もあったのかもしれません。

フィナーレは右肩に孔雀の羽付の白スーツでご登場でした。似合ってました~。今度何かの制作発表の折には是非白スーツを!とか思ってしまいました。アカペラっぽい「The Rose」も荘厳な雰囲気でジーンとしました。

カテコは盛り上がって3回くらいあったのかな。最後は今さんがミニソロダンスを披露してましたね。全般的にニコニコと楽しそうなところが印象に残りました。
10000円は正直高いと思いましたが、どのメインゲストさんにも等分に見せ場があったので特別今さんの出番が多い、少ないってことはなかったけど、ファンとしてはもう少し出て欲しかったとも思ったり。あ、私の後ろは樹里さんのファンの方々がいっぱいでした。モダン・ミリー岡さんも出るし行ってみようかしら。

3時過ぎには終わっていたので、109でM.A.のチケ発券。いやぁ、休日のマルキューになんか行くもんじゃないですね。高校3年以来入ったけど、めちゃくちゃ場違いでした。有楽町の国際フォーラムに行けばよかったな~。(軽く後悔)

さて、これで年内今さん見納めでございます。来年はブルックリン・ボーイから!ストプレ期待しております。あとラジオドラマも来年かな~。
[PR]
by moriko1012 | 2006-11-27 11:17 | 観劇レポ
<< トーチソング・トリロジー 11... 観劇ツアーファイナル(ただし年内) >>


カテゴリ
以前の記事
MURMUR
お願いとお断り
※コメント・トラックバック歓迎です。ただしブログに無関係のコメントなどは、予告なしに削除させていただきます。
(マルチポストコメントと思われるので意味ないかもしれませんが、とりあえず掲載します)

LINK
TOSHIO KAKEI
筧利夫氏の公式ページ。
ブログの更新結構頻繁です。

私が一方的にですが、「今さん仲間」と思っている方々のブログ。
続・徒然@篠文鳥
歌う風のように

今後の観劇(散財)メモ
1/21 18:30
相棒
日本青年館
1/30 15:30
カサブランカ
東京宝塚劇場

にほんブログ村 演劇ブログへ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧