蝸牛記


日々の暮らし 読書メモ 観劇(レ・ミゼラブルなどミュージカル中心)メモ(筧利夫さん・今拓哉さん中心) 旅行メモ・最近は宝塚にも手を広げてしまいました。
by moriko1012
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2006年観劇総括。

イヌの日のレポアップ。
これで総括できます。とはいってもAKUROとか最後まで書けてないんですけどね~。年内にアップできるといいんだけど。

《今年の観劇総括》
1/7 レ・ミゼラブル 梅田芸術劇場(別所・今)*
1/21 サムワン 俳優座劇場 
1/22 ベガーズ・オペラ 日生劇場
1/22 グランド・ホテル 国際フォーラム
1/24 BATBOY オーバードホール
2/5 キャッツ キャッツシアター
2/5 屋根の上のヴァイオリン弾き 日生劇場
3/11 レ・ミゼラブル 中日劇場(山口・鈴木)
3/21 レ・ミゼラブル 中日劇場(今井・今)*
4/22 ライフ・イン・ザ・シアター 世田谷パブリックシアター
4/23 レ・ミゼラブル 日生劇場(別所・今)*
4/24 レ・ミゼラブル 日生劇場(今井・今)*
5/4 鹿鳴館 自由劇場
5/4 忍者イリュージョンNARUTO 五反田ゆうぽうと簡易保険ホール
5/5 メタルマクベス まつもと市民芸術館
5/13 タイタス・アンドロニカス オーバードホール
5/24 フロシキ 富山県民会館
7/8 オペラ座の怪人 四季劇場海
7/9 ダンス・オブ・ヴァンパイア 帝国劇場
7/19 OUR HOUSE 石川観光会館
7/25 雨と夢のあとに 池袋サンシャイン劇場
7/29 レ・ミゼラブル Qween's Theatre London
8/10 東京ノート オーバードホール
8/13 十二夜 中日劇場*
8/19 シザーハンズ 五反田ゆうぽうと簡易保険ホール
9/2 タナボタNBM 日本青年館
9/3 タナボタNBM 日本青年館
9/23 ウエストサイド・ストーリー オーバードホール
9/30 スウィート・チャリティ シアタードラマシティ
10/6 異国の丘 オーバードホール
10/8 夢から醒めた夢 新名古屋ミュージカル劇場
10/27 風と共に去りぬ 博多座
10/28 AKURO 池袋サンシャイン劇場*
10/29 AKURO (マチ・ソワ)池袋サンシャイン劇場**
11/4 壁抜け男 自由劇場
11/4 ペテン師と詐欺師 銀河劇場
11/16 書く女 オーバードホール
11/25 マリー・アントワネット 帝国劇場(新妻)
11/25 トーチソング・トリロジー PARCO劇場
11/25 Mr.PINSTRIPE 青山劇場*
11/25 マリー・アントワネット 帝国劇場(笹本)
12/9 イヌの日 福井市文化会館

35作品 43回観劇(たぶん)
*付のは今さん出演分(9回)
今年はたくさん拝見させていただきました。ジャベールはもちろん、セバスチャンも田村麻呂も名無しのタラシさんも素晴らしかったです。どれもキャラクターがしっかりと構築されていて、(特に田村麻呂は熱演でした)劇場に向かうたびに新しい今さんにお目にかかれたことがとても嬉しく思いました。来年も(一方的に)よろしくお願いします。



ミュージカル部門
1位 レ・ミゼラブル
中日21は熱かった、次点は日生千秋楽かな。やっぱり今今コンビは素晴らしい!
2位 AKURO
脚本的に納得いかない部分もありますが、キャストのそれぞれが素晴らしく楽しませてもらいました。もう少し練り直して再演をお願いしたいな。
3位 壁抜け男
心がほっこりとしました。石丸さん始めキャストも素晴らしかった。

番外 NARUTOの岡さんコトノハ
あれは、伝説だね。これで岡さんがどんな役をしようと驚くことはもうないでしょう。

ストレートプレイ部門
1位 メタルマクベス
豪華な出演者に、派手な演出。クドカンのエンターティメント性もさることながらしっかりとマクベスしていたのには驚き。シェイクスピアはやっぱり凄かった。
2位 トーチソング・トリロジー
「ウェルメイド」という表現がまさにぴったり。さまざまな「愛」について考えさせられました。
3位 タイタス・アンドロニカス
蜷川演出ということに関しては、昨年の「ロミオとジュリエット」より好み。麻美れいさんの圧倒的な美しさに拍手。カテコでの優美さは筆舌に尽しがたいと思います。

その他部門
1位 タナボタ企画NBM
「タナボタのキーヨ姐さんはすごいらしい」「君はキーヨ姐さんをみたか?」

来年は一体どんな素晴らしい演目に出会えるかしら?とりあえず、レミゼ祭りになることは必至ですが、新しいアンサンブル、キャストを迎えどんな化学反応があるのか今から楽しみでなりません。今さんはブルックリン・ボーイのあとは多分マリー・アントワネット→レ・ミゼラブルなので新作は難しいのかとも思いますが、それぞれ全力投球してくださることでしょう。
[PR]
by moriko1012 | 2006-12-28 09:43 | 観劇レポ
<< 雪降りやがりました。 レミゼ公式リニューアル! >>


カテゴリ
以前の記事
MURMUR
お願いとお断り
※コメント・トラックバック歓迎です。ただしブログに無関係のコメントなどは、予告なしに削除させていただきます。
(マルチポストコメントと思われるので意味ないかもしれませんが、とりあえず掲載します)

LINK
TOSHIO KAKEI
筧利夫氏の公式ページ。
ブログの更新結構頻繁です。

私が一方的にですが、「今さん仲間」と思っている方々のブログ。
続・徒然@篠文鳥
歌う風のように

今後の観劇(散財)メモ
1/21 18:30
相棒
日本青年館
1/30 15:30
カサブランカ
東京宝塚劇場

にほんブログ村 演劇ブログへ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧