蝸牛記


日々の暮らし 読書メモ 観劇(レ・ミゼラブルなどミュージカル中心)メモ(筧利夫さん・今拓哉さん中心) 旅行メモ・最近は宝塚にも手を広げてしまいました。
by moriko1012
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

レ・ミゼラブル 7/24 ソワレ 

今日は、審査でしたのでかなり疲労。100人近く審査するのでコメントを書く手が痛いです。
しかし、私を元気にさせるのは、そうレミゼ!
開演前にしなの路で腹ごしらえをしていざ橋岡です!

いやぁ、橋本バルジャン熱い。結構枯れる雰囲気出てきたかな。仮出獄のシーンではそこまでジャベールに近くなかった。(対比今ジャベール)対決はかなりヒートアップ。裁判での、バルジャベにらみ合いは健在。(でも今ジャベのほうか長かったかな)岡ジャベールが倒れてもあきらめず、バルジャンのすそをつかんだけど、振り払われていた。宿屋ではけっこう荒々しい感じ。リトルコゼットにはやさしいけど。あとお着替えはやはり微妙。この前よりはいいけど。2幕のエポニーヌが訪ねてくるとき門柱の影に隠れているのは橋本バルジャンのデフォルトなようです。用心バルジャンなんだなぁ。
バリケードで、Drink with meのあたりでマリウスに話しかけようとして、躊躇してた?ジャベールを開放するところでは、かなり手荒い感じ。ジャベール机にぶつかってしまうくらい突き飛ばしてた。ここも今ジャベール比では距離ある感じ。
岡ジャベールはこのシーンでロープが首にからまったままなのが、最近多いようです。(この前の別今では別所さんがとってあげてた)今回は去るときに忌々しげにジャベールが投げ捨ててて、こういうのもありだなぁと。前はかなり毅然とした雰囲気で去っていっていたのが、今期の岡ジャベールはこのあたりでかなり壊れ気味です。困惑が見て取れる感じ。彼を帰しては、よかったです。
下水道ではやっぱりすごーい距離があります。この前の橋今でも開いてたけど、それよりももう一歩下がってた。あそこは、もうすこしジャベール側にいないと、微妙な気がしますね。

今期の岡ジャベールは本当に凄いです。凄みがあります。メイクも怖いし。スターズももちろん素晴らしいのですが、何より自殺が凄い!狂気にかられるさまが、見て取れます。歌うというよりも、台詞っぽく区切って歌うことが多いかな。とにかく本当に良いです。

東山アンジョルラス、今期初です。歌がとてもよくなっていました。身のこなしは言うまでもありません。マリウスにはけっこうそっけないですね。グランテールと絡むほうが多いかも。カフェソングではグランテールが肩組んでました。(これはいつもかな)でも東山アンジョルラスは去り際にプルベール?フイイの背を抱いてました。珍しい?
結婚式の給仕さんは、つまみ食いしてましたね~。あと足が踊りだしてとまらないようです。軽やかなステップは流石ですね。連れて行った生徒が一番格好良いと言ってたのも頷けます。女子高生のハートを惑わすとは、東山アンジョルラス、恐ろしい子(白目)!グランテールが伊藤さんだったので、このコンビは安定してますね。

坂本エポニーヌは安定!今期笹本さん未見ですが、一番お気に入りです。なんてったって儚げで、いじらしい。恵みの雨では号泣です。

森久美さんはいろいろコネタしこんでるし、面白かったです。駒田さんとのコンビは凄みと笑いがうまく同居してるので好きですね。結婚式は彼らの独壇場でした。

シルビアファンティーヌは、割とはかなげになっていてびっくり。今まで死ななそうとか言ってごめんよ~。今回今井さん以外拝見しましたが、シルビアがやっぱり一番安心して観られます。これからもっと良くなりそう。
 




小西さんは、雰囲気は素敵だしスタイルも良いと思いますが、もうすこし歌唱が良くなれば・・・。

そして富田コゼットは、ちょっと勘弁して欲しいですね。ファルセット部分があがりきっていないので気持ち悪いです。バルジャンの臨終シーンは、バルジャンにしっかり抱きついていて、(橋本バルジャンはあまりコゼットに愛情を感じにくいバルジャンだと思っていますが)不思議と今日は父子愛が見えました。でも歌がなぁ。三重唱は微妙すぎ。ファンの方ごめんなさい。

カテコは平日ソワレということもあってか、わりとあっさりめ。岡さんとは最初に硬い握手を交わしていました。最後は橋本さんがバンザーイして「やったぞ~」みたいなことを叫んで終わりでした。あ、岡さんコゼットの裾を踏んでしまった回があって「ごめんね」みたいに手を上げていたのが印象的でした。

今日は特に超ご贔屓さんがいらっしゃらないこともあって、全体をしっかり観られた回でした。二階で視界も良好だったし。生徒も二階でしたが、ジャベールの自殺がわからなかったようです。でも作品のスケールに圧倒されたようでした。楽しんでくれたようで何よりです。さて、あしたもハードです。がんばるぞ~。
[PR]
by moriko1012 | 2007-07-25 00:35 | 観劇レポ
<< レミゼ7/27マチネ 東京の夜は更けて >>


カテゴリ
以前の記事
MURMUR
お願いとお断り
※コメント・トラックバック歓迎です。ただしブログに無関係のコメントなどは、予告なしに削除させていただきます。
(マルチポストコメントと思われるので意味ないかもしれませんが、とりあえず掲載します)

LINK
TOSHIO KAKEI
筧利夫氏の公式ページ。
ブログの更新結構頻繁です。

私が一方的にですが、「今さん仲間」と思っている方々のブログ。
続・徒然@篠文鳥
歌う風のように

今後の観劇(散財)メモ
1/21 18:30
相棒
日本青年館
1/30 15:30
カサブランカ
東京宝塚劇場

にほんブログ村 演劇ブログへ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧