蝸牛記


日々の暮らし 読書メモ 観劇(レ・ミゼラブルなどミュージカル中心)メモ(筧利夫さん・今拓哉さん中心) 旅行メモ・最近は宝塚にも手を広げてしまいました。
by moriko1012
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

シンガポール3日目。

Woman excite ウーマンエキサイト アジア楽園時間 : 投稿ルール : アジア楽園時間(リゾート・旅行・ホテルガイド)

さて、三日目です。
ジョホールバルはマレーシアのジョホール州の州都です。シンガポールとはジョホール海峡を隔てたところにあります。一応ユーラシア大陸の最南端です。
両国の行き来は大変盛んなようで、シンガポールツアーにはジョホールバルが含まれていることがおおいようです。
ツアーで行くと結構かかる(7000円くらい?)のですが、自力で行くと往復千円以下でいけます。高速バスで行くためにはブギス駅(MRT)から徒歩数分のバスターミナルまで行けばよいです。バスは10分ごとにどんどん出ているようで、行ったらすぐバスチケットを買えてバスは出発します。マレーシア入国カードはバスでくれます。あと、バスチケットはイミグレーションで使うので無くさないように!40分~1時間でシンガポールのイミグレに着きます。そこで、シンガポールに入国したときの入国カードの片割れを回収され、出国スタンプが押されます。そうしていると、乗っていたバスは行ってしまっています。んで、バス会社の目印のところで待っていると、同じ会社のバスがやってきます。(つまり最初に乗ったバスの次の次くらいに出発したやつですね)それに乗ってマレーシアのイミグレに行きます。入国カードをだして、スタンプをもらいでると、そこはマレーシア。
シンガポールとは明らかに雰囲気が違います。よくシンガポールは綺麗、といわれます。が中心繁華街はとても綺麗ですが、郊外はそうでもないし、日本程度かそれよりちょっと綺麗くらいでしょう。マレーシアはもう少しゴミゴミしてました。
シンガポールドルをマレーシアリンギットに両替して(ひとり10シンガポールドルづつ)共同財布を作ります。
ジョホールバル駅で帰りにマレー鉄道に乗れたら・・・と思いましたが、あまり良い時間帯がなかったのでパスして、近くのSCのフードコートでマレー料理を食べました。辛めでしたが美味しかったです。マンゴープリンもついてたし。
b0051973_0285576.jpg

腹ごしらえした後は、州庁舎などを横目に見ながら、宮殿に。ジョホールバルのスルタンであったアブ・バカールが立てた美しいヴィクトリア朝の宮殿です。ここの入場チケットが結構高かったです。シンガポールドルでもOKです。(米ドルも使えます)ここはもちろん軍隊が警備していて最初はちょっとドキドキ。こちらに視線を送るので、「胡乱なやつがきたぞ」といわれるのかと思ったら、「Welcome to Malaysia』といわれほっとしました。(普段の行いが悪いのでドキドキするのでしょう)
b0051973_0295942.jpg

           ↑ドキドキしながら撮った一枚
かなり豪華な調度品があり、うっとり。吹き抜けのテラスでジョホール海峡を見ながら海風に吹かれていました。さて、ここからアブ・バカール・モスクに行こうとしたのですが、これが結構遠い。歩いていったのですがけっこうあります。しかも誰も歩いてないし。暑いし。モスクはムスリム以外は入れないので、外から見学。
b0051973_0303398.jpg

帰ろうと思ったのですが歩くのは相当しんどい。タクシーも走ってない。うろうろしていたら、バスがやってきたので乗りました。駅周辺はかなりの賑わいぶり。カフェでフルーツジュースを飲み、一休みした後、帰ろうと来た道を戻ろうと歩いていると、行きかう人が「long way」というのです。??と思っていると「wrong」なのでは?ということになる。こちらの方のLとRは一緒に聞こえるのですよ。んでバスステーションの人に聞いて判明。つまり反対側に出国ゲートがあるんですね。
かなり後戻りして(これこそ、longです)いる途中、反対車線をびっちり囲んだ金網の隙間から入りたい衝動を我慢する。(これは大正解でした。だって乗り越える=不法出国ですよね)で、逆のルートでまたシンガポールに戻ったのです。ツアーだと、もっと効率的に回れると思いますが、こういうのが個人旅行の醍醐味だと思います。
夜は、シンガポールスリングを飲みにラッフルズホテルへ。あまりにもの空間の違いに呆然。ぼーっと見ているとドアマンのインド系のおっちゃんが寄ってくる。「貧乏人はでてけ」とでも言われるのかと思っていたら、ホテルをバックに写真を撮ってくれた。ええ人や。
b0051973_0311182.jpg

ラッフルズアーケードで母にお土産購入。例によってマグネット。(なぜかと思った方はこちら)ロングバーは早い時間帯もあってそんなに混んでない。お決まりのシンガポールスリングを飲む。ちょっと甘いけど、キツめです。弱い人は避けたほうが良いでしょう。おいてある殻つきピーナツをボリボリ食べてしまいました。殻を皆床に捨てているので、私たちが帰った後は殻だらけ。

ラッフルズホテルといえば、ハイティーです。昨日のガイドさんは「予約は1週間前でも無理です」といっていたのですが、聞いてみたところ明日の3時半ならOKとのこと。言ってみるもんですねぇ。その後、ちかくのホーカーズでチキンライスを食す。私、チキンライスが結構好きで、おめあてのホーカーズがあったのですが、明日のお楽しみにしておくことに。
b0051973_0314270.jpg

その後、ラッフルズ像を見に行くが、暗くてよく分からないということに。明日また来ましょうということで、ホテルに帰宅。あっという間に明日は最終日です。
[PR]
by moriko1012 | 2007-09-09 22:46 | 旅行記
<< シンガポール4日目。 シンガポール2日目。 >>


カテゴリ
以前の記事
MURMUR
お願いとお断り
※コメント・トラックバック歓迎です。ただしブログに無関係のコメントなどは、予告なしに削除させていただきます。
(マルチポストコメントと思われるので意味ないかもしれませんが、とりあえず掲載します)

LINK
TOSHIO KAKEI
筧利夫氏の公式ページ。
ブログの更新結構頻繁です。

私が一方的にですが、「今さん仲間」と思っている方々のブログ。
続・徒然@篠文鳥
歌う風のように

今後の観劇(散財)メモ
1/21 18:30
相棒
日本青年館
1/30 15:30
カサブランカ
東京宝塚劇場

にほんブログ村 演劇ブログへ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧