蝸牛記


日々の暮らし 読書メモ 観劇(レ・ミゼラブルなどミュージカル中心)メモ(筧利夫さん・今拓哉さん中心) 旅行メモ・最近は宝塚にも手を広げてしまいました。
by moriko1012
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

皇帝に拝謁。(あ、帝王だった)エリザベート11/15マチネ

実はエリザベート、観劇するの初めてでした。
CDは聞いてるし、今さん目当てで古いプログラムも持っています。ガラコンやイベントみたいなものでも、エリザベートのナンバーってよく使われるので、「初めて」って気があまりしないのですが、正真正銘初観劇でした。
なのに、当日知ったのですが700回記念特別カーテンコール付でした。
しかもろっくにお願いしたからか、超下手ですが、かなりの前方席でした。この席ならではですが、紗幕の隙間から出をまつトートダンサーなんかがみえたりしました。

ストーリーは知っているので、演出面を楽しみに。小池さんって、実はそんなに~って思っていた(ウィーンものでしか存じ上げませんが)のですが、スカピンで「おお」と思ったので。
結論から申し上げますと~♪
微妙・・・。
シシィの落下場面の映像はいったい・・・。トートの出の場面のゴンドラは笑いをこらえるのに苦労しました。あれは武田氏であれば大丈夫なのかなぁ。まぁ黄泉の帝王ですから、神出鬼没っぷりは際立ってましたけど。
涼風シシィ、やはり晩年がよかったですね。側転しながら歌ってたのには敬服いたしました。ルドルフを失った哀しみの表現はよかったです。これは涼風さんだから、というわけではなく共感を得にくいキャラだなと思いました。史実をもとにしたミュージカルで
ヒロインに共感できないといえば、「エビータ」もそうだと思いますが、エビータの野望がある意味分かりやすいのに対し、シシィって「いったい何がしたかったのだ・・・」と思わずにはいられません。やたら、「自由」になりたいと言いますが、それにしたって「義務」から逃れすぎじゃないだろうか・・・、と凡人の私めは思っておりました。5月の「ルドルフ」のときも思いましたが、ヒロインの敵役っぽいステファニーの言っていることが間違っていないと感じたように、今回はゾフィー、間違ってないよ、と思いました。彼女の死の直前のソロ、すごかったです。

史実としては、エリザベートと最後は和解して最期まで看病してもらったり看取ってもらったそうですが、二人の和解場面とかあったら、それはそれでよかったのでは~と思いました。

帝劇の音響さんに一言。山口さんの声にエコーかけすぎ。さすがに素晴らしい歌声でした。
人外やらせると日本一です。(ほめてますので)

とくべつカテコでは村井さんが、700回やったキャストを並べて紹介と一言。もちろん山口さんも挨拶してらっしゃいました。いつものとおりの様子でした。

浦井ルドルフが博多で美味なものを摂取しすぎたようにお見受けしました。新国立でヘンリー6世主演。共演者もすごくて、ちょっと行ってみたいなぁとおもいました。
b0051973_2214215.jpg

[PR]
by moriko1012 | 2008-11-15 11:43 | 観劇レポ
<< 秋も終わり。 12年ぶりの…。 >>


カテゴリ
以前の記事
MURMUR
お願いとお断り
※コメント・トラックバック歓迎です。ただしブログに無関係のコメントなどは、予告なしに削除させていただきます。
(マルチポストコメントと思われるので意味ないかもしれませんが、とりあえず掲載します)

LINK
TOSHIO KAKEI
筧利夫氏の公式ページ。
ブログの更新結構頻繁です。

私が一方的にですが、「今さん仲間」と思っている方々のブログ。
続・徒然@篠文鳥
歌う風のように

今後の観劇(散財)メモ
1/21 18:30
相棒
日本青年館
1/30 15:30
カサブランカ
東京宝塚劇場

にほんブログ村 演劇ブログへ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧