蝸牛記


日々の暮らし 読書メモ 観劇(レ・ミゼラブルなどミュージカル中心)メモ(筧利夫さん・今拓哉さん中心) 旅行メモ・最近は宝塚にも手を広げてしまいました。
by moriko1012

<   2005年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

武田真治ってマジですか?

とうとう日生エリザ発表されたようで。
5月の噂はあったから、内野さんはメタルマクベスででられないんだなぁ、山口さんシングル一ヶ月は大変だよねぇ、と思っていましたら!

トート(Wキャスト)武田真治さん


まじですか?
失礼ながら、筧さんがエンジニアやるって聞いたときよりびっくりしますた。
某所で噂が出ていたけど、本当とはねぇ。むしろルキーニとかと思っていたんだけど、トート
っすか。
サックス演奏されるのは知ってますが、歌のほうは???CD出してるとも情報があるんですが。ホリプロなんだぁ。ミュージカル力入れてるもんね。電車男に演出の小池氏が来ていたのもこういうことだったのか。
今年の九月はチケ取り惨敗いたしまして未だエリザ観てないのですが、これは来年どちらを観るべきなんでしょうかねぇ。
またもや、チケット激戦(しかもB席なしっすか、日生ではすごい強気だよね、東宝さん)だろうねぇ。ルキーニあたりに今さんどうかなぁって思っていたんだけど、今さんレミゼ以降十二夜以前のご予定がまだ出ていないので、とっても気になるところなのです。

あ~、びっくりした。
先日の五嶋みどりさんのコンサートとっても良かったのですが、また明日にでも書こう。

M.A.(マリー・アントワネットともいわれてますね)はどうなのかしら。
12月1日にはわかる神の御心が~♪
[PR]
by moriko1012 | 2005-11-28 19:02 | 雑記

贅沢!

こちら。

市村さんは私のご贔屓さんのお一人です。ミスサイゴン、クリスマスキャロル、デモクラシー、M!と最近はずっと拝見してます。
芸達者で舞台をぐいぐいひっぱっていく方でもありますが、M!のように舞台を引き締めるような脇を固めることもなさいます。年齢を感じさせない、チャーミングなご様子はいつも私を惹きつけてやみません。

藤原さんはロミオとジュリエットを拝見したことがあります。エネルギッシュな肉体を舞台いっぱいに飛び回り、瑞々しいロミオでした。演技力は間違いなく若手ナンバー1でしょう。
その市村さんと藤原さんの二人芝居。期待大!


3月31日~4月9日にTHEATRE1010
4月13~30日に世田谷パブリックシアター

そのほかに名古屋、大阪、九州(たぶん福岡だよね)だそう。
THEATRE1010は前にデモクラシーでいったけど、ちょっと遠いので不便なんだよね。
駅前で便利なんだけど。
チケット激戦だろうなぁ。でも是非観たい演目です。
[PR]
by moriko1012 | 2005-11-26 11:21 | 雑記

屋根の上のヴァイオリン弾き

これからの観劇予定を、考える。

椅子の上の猫(名古屋名鉄ホール)
都合三回目。2列目センターの超良席!最後の愛ちゃんを堪能すべし。

34丁目の奇跡(富山オーバードホール)
これもかなり前列。去年なかなか好評だったそうで楽しみ。
別所さんに期待。

レ・ミゼラブル(大阪梅田芸術劇場メインホール)
今井さん岡さんを初見の友人と。後日山口さん今さんを拝見

クレイジー・フォー・ユー(富山オーバードホール)
加藤さん、まってるわ~。チケットの売れ行きはなかなか好調のようで、あんまりいい席じゃぁない。ちょっとなめてたわ・・・。

コーラスライン(京都京都劇場)エビ大王(大阪シアターBRAVA!)
しかも、京都→大阪マチソワ!(体力続くだろうか・・・。)筧さん、楽しみ~vvvvv

レ・ミゼラブル(大阪梅田芸術劇場メインホール)
翌日、石井さん岡さん楽!
これにて、今年の観劇納め~。

あとは、BAT BOY(富山)ベガーズ・オペラ(日生)グランドホテル(国際フォーラム)
キャッツ(五反田)が確定。あと、中日レミゼも入る予定。

そして、今日申し込んだプレリザーブがあたっていれば屋根ヴァが入るはず。
今回は、安陪麻美さんが出演されるとのことで、なかなかいつもより争奪戦が激しいのではないかとのこと。あたりますよーに。
明日は、五嶋みどりとバイエルン響。彼女のヴァイオリンを生で聴くのは初めてなので、ドキドキしてます。
[PR]
by moriko1012 | 2005-11-24 20:58 | 雑記

椅子の上の猫

昨日と今日で2回観劇。とりあえず、覚書で。
客席がさみしい・・・・・・!クロス○ンドなんて、とてもつらかった。両サイドかなりご高齢なご婦人方。(一張羅をお召しなのか、タン○にゴ○臭がそこはかとなく漂う客席)皆様は「椅子の上の猫」をどのような目的で、(誰がお目当てで)お越しなのか全く判別つかず。婦人会はたまた、老人会の観劇の会なのかしらねぇ。上演中の私語とかはなかったけど、私の隣席の方は徐々に前のめりになってらっしゃいました。うーん。
しかし、ご婦人方ゲイショーには大うけ。そういえば、この層の方々はウメザワトミオさんとか好きだもんねぇ。相通じるものがあるかもしれない。

二日目、昨日よりはまだ客席は埋まっているけど、ハコが作品の規模的に大きすぎるから、やはり一抹の寂しさは否めない。私がチケット購入したのは先週木曜日だったのに、前から4列目どセンターが空いていたことからも、予測できたことだけど。ただ3列目とかが空いていたのは勿体なかった。この場合主催者側が判断して、前の席に振り替えるものではないのかな?
サンシャインで風を結んでを観たときはそうだったよ。
全体的にチャーリーさんのファンの方が多かったのかしら。

名古屋も行くので、とりあえず感想はその後。

やっぱり富山県では演劇は難しいのかしら。。。でも、こんなんじゃいいのがこなくなっちゃうよ。
何とかならないかなぁ。
[PR]
by moriko1012 | 2005-11-23 23:35 | 観劇レポ

週刊人物ライブ『スタ☆メン』

昨日何気なくCX観ていたら、こんな特集番組が。
BL系乙女って・・・・・・。いわゆるフジョシ(not 婦女子)のことだよね???
今年は電車男もヒットして、いわゆるオタクな人々にメディアが注目しているからその一環での番組なんだろうとは思う。数ヶ月前のAERAにも、同類の記事があったし。
ぼーっと観ていたので、見落としもあるとは思うんだけど、以下感想。


なんか、とってもとっても偏った構成なんじゃないだろうか、これ。これだと、なんの予備知識もない方々が見たら、「恋愛に夢見すぎて婚期逃しちゃった負け犬女性」か「男性(むしろ男子レベル)トラウマ持ったニート」イコールBL系乙女(とりあえずこんな名称初めて聞いた。一般語なの?)と思うんじゃないの?しかも、質問が「結婚は?」とか「渋谷とか遊びに行かないの?」とかいかにも、「オタクちゃんはお洒落とか、男とかには興味ナッシングなんでしょ?」っていう気持ちがみえみえなんだよね。いかにも、女版電車男みたいな、像をもとめてるんだろうなぁ。だいたい、このお二人がいわゆる「やらせ」や「しこみ」でないとするならば、よく取材受けたよね。特に30代の方は仕事もあるだろうに、顔出しちゃって。
私も、そこまでディープにフジョシではないと思うんだけど、大学院のときに社会動態学のレポート(not専門)で取り上げたりして、いろいろ思うところもあるのですよ。私の存じ上げてる方々は大人の趣味として、あくまでも趣味の域で楽しんでらっしゃるわけで。もちろん、社会人として、真っ当に生活してらっしゃるわけで(とりあえず私も含めていいと思う)。しかも、取り扱っている内容的には、めちゃくちゃ気を使って、迷惑をかけないようにひっそりと生息しておると思うのです。それを、こんな風に取り上げないでほしいなぁと。VTR中ではどなたかの同人誌がそのまま写っていたと思います。これは作者の方に許可を取っているのでしょうか?同人誌といえども著作権は存在すると思うのですが。
コメンテーターの発言は、「好きなことがあるならいいんじゃないの」みたいなのが多くて少し意外ではあったけど、O田氏の自閉云々には、下手するとクレームがくるような不用意な発言だったと思います。ともかく、微妙な番組だった。






あしたは、とうとう椅子の上の猫だ!楽しみ~。
[PR]
by moriko1012 | 2005-11-21 22:40 | 雑記

越前牛乳を観る

久しぶりの観劇だった。(プロの、という意味では)
会場は以前図書館の大会でも使ったところ。半休をとって、いろいろと用事を済ませてから徒歩で会場へ。30分チョイでまぁよい運動になった。

時間があったのでちょいと寄り道して椅子猫のチケット買い足し。かなりの良席が残っていた。売れてなさそうだよ。ちょっと心配。
さて、友達とも合流し会場入り。客層は女性多いのは当たり前として、会社帰りっぽい男性の姿もちらほら。生徒にも会ってしまった(来るとは聞いていたけど)。お母様に遠目でご挨拶。
パンフは1000円。八嶋さんのファンならマストバイでしょうが、ちょっと暴利かな。まぁ劇団支援の一環だからね、と思い購入。他にもTシャツとか缶バッジとか手帳とか売っていたみたい。

キャスト
ハイジ・・・・・・藤田紀子
ドナドナ・・・・・・佐藤恭子
越前屋・・・・・・松村武
越後屋・・・・・・八嶋智人
サムライシロー・・・・・・清水宏

ほとんど、複数役つき。

んで感想。
セットは一種類で、大階段の上にふすまがあって(登場シーンに開いたりして効果的だった)なかなか面白いセット。
主演の藤田さんは迫力があって眼力がすごい女優さん。めっちゃ美人てわけでもないんだけど、不思議な魅力と花がある人だと思う。ドナドナは出てくるだけでおかしい。そのうちことばを話し出すので、もっとおかしい。何度か出てくるアクションシーンは、もう少しキレがほしい。つかさんの芝居とかはJACだから流石だと思ったから、これと比べてはいけないかもだけど。
越前屋越後屋のアドリブ掛け合いは本当に面白かった。八嶋さんのキレキャラと松村さんのダメっぷりがいい感じ。ただみのもんたよしのり(すごいネーミング)は、後々の伏線で生きてくるんだけど、生電話相談コーナーはちょっと冗長だったかな(これもアドリブでしょう)。
越前屋にドナドナを売って「素晴らしい過去」を手に入れたハイジが金髪のクララになって登場したのにはびっくり。
越前=過去 越後=未来 越中(コシナカと読ませる)=現在 三つを超越するもの=三越デパート=上杉謙信 の構図は興味深い。でも越中支配するところの佐渡は、越後じゃないのかというツッコミはありかしら?
でもハイジがドナドナを取り戻しに行くことを決心して日本海を泳いでいくところには不覚にもちょっと感動してしましました。上杉は、いちゃもん天(毘沙門天とのかけ)の一気(牛乳瓶もって一気っていいながら攻めて来るんだよ)の前に敗北するんだけど、みのたうるす(ドナドナと武士のこどもって!すごい設定)は死ぬ。最後にドナドナのお肉を食べるところは、「そんなラストありかよ~」って思っちゃった。最後に牛乳を飲みながら(半分垂れ流しながら)前を見つめる藤田さんの姿が印象的だった。
劇中歌がいくつかあって楽しかった。

とにかく皆さんパワフルで(ノンストップ2時間半はすごい)滑舌も良くて(当たり前だけど最近は何言ってるのか分かりにくい役者さんもいるんだよね)、とても面白い芝居だった。確かにこの演目は富山でやるのにふさわしいと思ったし、カムカムミニキーナさんにはまた来てほしい。
テレビで八嶋さんを観て、観に来た人も実際多かったと思うけど、これを機会に演劇の間口が北陸にも広がるといいなぁと思った。

観劇後、トイレで部活の生徒たちに会ってしまい(みんなお金持ちだなぁ、親の理解あるわね)
びっくり。シモネタ満載で高校生にはどうかと思うんだけどなぁ・・・・・・。
その後家の近くのカフェでボジョレーのんで、三月の名古屋レミゼの計画を立てた。
一応山口鈴木で。(鈴木さん初見だなぁ)
[PR]
by moriko1012 | 2005-11-20 22:28 | 観劇レポ

マシントラブル

最近いやーな感じだったのだが今日とうとう。。。
朝、いつもどおりキーを回してさぁ出発!しかし、エンジンがかからない。あやしげなキュルキュル音をたてるだけ。そう、これはバッテリーがあがった、というやつですな。

先日大学に行って、先生方を香林坊までお送りした後シャトレーゼに寄り道したときも同じことがあったのです。その時は近くのGSまでいってケーブルを借り、お店の方の車で事なきを得たのだった。そう、このときすぐ交換していればよかったのです。でもでも、週末のたんびに部活やらいろいろ入っていたのも事実。
今日もご親切な方が現れるのを少し待ってみたのですが、こーんなに車があるのに、誰も出てきやしません。仕方なく職場に事情を電話し、バスで出勤しました。なんとか、5分の遅刻ですみました。朝はバスが多くてありがたいことです。
バスで帰宅後、保険会社のロードサービスに連絡し、修理に出しました。はぁ。安く済みますように。

今日は踏んだりけったりの一日だった。しかし明日は「越前牛乳」。久しぶりの観劇。
張り切って溜まりにたまった代休で半休とっちゃいました。(とはいっても少し早く上がれればいいところだろうなぁ)
[PR]
by moriko1012 | 2005-11-16 22:52 | 雑記

織田裕二主演映画の原作、『県庁の星』

2006年2月公開とのことで、読んでみました、『県庁の星』桂望実著


主人公野沢聡は30代はじめの上級県職員。バリバリとしかしソツなく出世街道驀進中。
そんな彼は知事の一声で決まった、異業種研修の一環でスーパーに一年間出向することになったが、スーパーは彼にとってはカルチャーショックの連続で・・・・・・。
そこにスーパーパートの二宮さんや、合コンでしりあったウルウルことあい、しょっちゅういなくなる自転車売り場担当の渡辺、鮮魚担当の競馬好き高橋、惣菜担当の金、陳、ロシア人など、多種多様な人々が加わる。


話としてはさらっと1時時間強で読める。途中視点が変わったりして分かりにくい部分もあるが全体としては面白かった。後半の聡の変わりぶりは痛快でもあるけど、心情変化がおざなりな気がしたかな。もう少しじっくり書いてもよかったのでは?どちらかというと、二宮さんと息子の関係やその変化や彼女の気持ちの移り変わりのほうが、詳しく書いてあったように思った。それでももう少し彼女の心のヒダみたいなものが見えると良かったのでは?


スーパーといえば、大学時代某大手スーパーの婦人服売り場で3年間ちょい働いていた私としては、分かるところもあって懐かしかった。バックヤードのところとか、(ここまで散らかってなかったけど)POS管理とか品出し(店だしともいう)のところとか、うんうんて所もあった。食品はほとんど知らないんだけど、そういうスーパーも実際あるみたい。(惣菜の使い回しとかね)


県庁は私にとっては、未知なる所ではあるけど、公務員の微妙な端くれとしては分からないでもないところもあるかなぁ。ただ、友人諸氏の意見を借りれば、役所には妙な「民間信仰」みたいのがあるので大変らしい。「民間」にあわせる、ってのが一種の合言葉みたいなかんじで。実際民間全部が無駄なくびっちり利益利益でまわっているかというとそうでもないらしい。無駄な役職や予算もあるところにはあるみたいだしねぇ。

とにかく、織田裕二の踊る以来の主演映画になるわけです。クールな役は初めてみたいな触れ込みのニュースもあったけど、ドラマでは結構クールや冷血系の役柄も演じてると思うんだが。柴咲コウは二宮さんだと思うんだけど、若すぎるなぁ。変な恋愛物みたいにはなってほしくないんだけど、(実際の二宮さんは20歳の子持ちバツイチ設定だし)どうなんだろう。
本を読んでるとき聡を織田裕二ビジョンで想像しながら読んでしまった。イメージ的にはあってると思う。

映画館に行くかどうかは微妙なところではあるけど、まぁそれなりにチェックするでしょう。
最近見た映画なんて室井慎次3連発だからなぁ。
ハリポタは多分観る。
[PR]
by moriko1012 | 2005-11-15 22:17 | 雑記

疲れた~

県大会も無事終了し、ほっと一息。
とりあえず、個人の部で2部門が全国大会への切符を手にした。
番組はどちらも残念な結果だったけど、ひとつはブロック大会には出場できる模様。
どちらもがんばっていたけど、狭き門だったのでしょうがないのかも。。。
朝までぎりぎりで製作していたっていうのも、敗因でしょう。ともかく2月には私が引率しなくてはならないので、ちょっと気が重いのです。(なんで豪雪地帯に出向かなければいけないのだろうか・・・)まぁ、この後は春の自主公演の脚本を決めるということなのですが、さてどうなることやら・・・。

今週は越前牛乳だ!楽しみだなぁ。久々のストプレです。
[PR]
by moriko1012 | 2005-11-13 22:51 | 雑記

今拓哉さん、お誕生日。

椅子の上の猫公演中ですが、おめでとうございます。ネットの海をさまよっていると、様々なレポがあがってきてます。どうやら、とっても綺麗な愛ちゃんだそうです。ますます楽しみだぁ。
今日のカテコではお祝いしてもらえたんじゃないかな。
37歳ですね、ますますのご活躍をネットの隅っこからお祈り申し上げます。
さて明日は大会です。どの部門でもいいので県代表になってもらいたいものです。
がんばれ!
[PR]
by moriko1012 | 2005-11-12 22:59 | 今拓哉


カテゴリ
以前の記事
MURMUR
お願いとお断り
※コメント・トラックバック歓迎です。ただしブログに無関係のコメントなどは、予告なしに削除させていただきます。
(マルチポストコメントと思われるので意味ないかもしれませんが、とりあえず掲載します)

LINK
TOSHIO KAKEI
筧利夫氏の公式ページ。
ブログの更新結構頻繁です。

私が一方的にですが、「今さん仲間」と思っている方々のブログ。
続・徒然@篠文鳥
歌う風のように

今後の観劇(散財)メモ
1/21 18:30
相棒
日本青年館
1/30 15:30
カサブランカ
東京宝塚劇場

にほんブログ村 演劇ブログへ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧