蝸牛記


日々の暮らし 読書メモ 観劇(レ・ミゼラブルなどミュージカル中心)メモ(筧利夫さん・今拓哉さん中心) 旅行メモ・最近は宝塚にも手を広げてしまいました。
by moriko1012

<   2006年 04月 ( 22 )   > この月の画像一覧

蛇足

ボンドと一緒に働こう! MI6が新聞に求人広告 | Excite エキサイト

これみて、佐々木倫子の「ペパミントスパイ」思いだした~。バンコランいるのっかな~。
[PR]
by moriko1012 | 2006-04-29 01:49 | 雑記

愚~かな僕(私)、許して~

今日は飲み会でした。中華料理のお店で、いろいろ食べました。
百合のつぼみの和え物という変わった前菜が美味しかったかも。
まぁ客層も新歓コンパの大学生~私たちのような仕事帰りの人々までいろいろでした。
飲み会自体は早めに終了し、22時前には帰宅したのですが。

部屋がありえないくらいとっ散らかっているので寝られません。

実は明日は(ってか今日か)大学時代の友人たちが家に泊まるのです。
久しぶりに会ってご飯食べてのみに行こうってことで県外から来る友人を泊めることになったのですが・・・。このままでは友人を家に入れるなんてマジありえない!ってことでもそもそやっているのです。


先週は忙しく、土曜~月曜日まで遠征。火曜日は夜行バスのまま出勤し流石にその日は撃沈。
水曜日は父親の手術があり実家に帰り、木曜日はレミゼにうかれすぎたのか、風邪を引き(現在も進行中)体力の限界を感じ死んだように眠り、さて金曜日。飲み会に行ってからやればいいさぁと思い、のろのろと片付けているのですが一向にすすみません。
そんな状態なのに、5月4日に鹿鳴館マチネのチケットを合間にネット注文してしまう始末!
だってさ、今回は夜行バスで行くし~、飛行機で行ったことを思えば自由劇場のA席なんて安いし~。6月で千秋楽だけど遠征予定ないし~。言い訳だけはいろいろ思いつく私ですが。

はい、全て私が悪いのです。

とりあえず、片付けに戻ります。。。

レミゼレポあげたいのですが明日はちょっと難しいかもしれないです。
[PR]
by moriko1012 | 2006-04-29 01:48 | 雑記

続レ・ミゼラブル4/24ソワレ

独白は最初から結構力が入っていました。最後はかなりのロングトーンでしたね。
そういえば今回はいろいろ物が落ちるハプニングがあったよう。宮腰レーグル(病休されていたので心配しましたが復帰されてなにより)が銀食器をバルジャンの鞄に入れるときにころころと転がっていきました。あのまま転がっていたらオケピに落下してたよね。あとは赤旗がフイイ?(多分)の手に渡るとき落ちてましたね。そして今さんが三角行進でこけてましたね。(こいつは驚き~♪です、昨夜のことが響いていたのでしょうか。やっぱりお疲れモードだったのかなぁ)

シルビアファンティーヌは安定感があって好きですが、やっぱり強そう。工場長なんか倒せそうだしなぁ。雰囲気的には井料さん良いと思うけど、あのビブラートだけは苦手なので・・・。(ファンの方すみません)エピローグのシーンとかは今日のバランス(今井シルビアANAZA)良かったと思う。シルビアには是非(ご自身はコゼット!って言ってらしたけど)高嶋兄とともにテナルディエ夫妻をやってくれ!
最強そうなんだもん。

ファンティーヌの逮捕のシーンの今ジャベールは冷徹な感じで好きです。いろいろな指示を全て警棒でするのが、らしい。
ファンティーヌの死の場面での今井バルジャンは本当に優しくて暖かくていい。その後の豹変振りには驚かされるけど。

今日の今井さんの迫力はいつにも増して凄かったです。対決のシーンではかなりヒートアップ。今さんは最初のバルジャァ~ンがどんどんねちっこくなってる気がする。少しバランスが悪かったようにも感じましたが、最後のほうではまとまっていたかな。そうそう今さんの椅子蹴り、一部で話題になっていたようでしたが、私はとうとう拝見できませんでした、残念。

瀬戸内マダムは05帝劇バージョンからはずいぶん変わった気がする。全体的に凄みを増したところとコミカルさを前面に出す部分と、40年選手の方に大変失礼な言い方かもしれないけど、演技の引き出しの多い方ですね。最初にコゼットに水汲みに行かせるシーンの調子は、コワイです。森マダムより怖い。
コングテナは歌は、それなりとは思うんですがちょっと朗々と歌いすぎかなぁ。声量のある方なんでしょう。瀬戸内さんのアドリブ演技がかなり多くなっていたなぁ。リトコゼちゃんは随分安定してきた


ベガーシーン、局田さんガブローシュやっぱり上手ですね。ラブリィレイディも可愛かったけど、彼女のガブローシュはいいですね。ANAZAエポニーヌ、なんだか声の雰囲気が前の印象と違うのですが、これが本調子だったのかしら。可愛らしい声です。泉見君と並ぶとお目々パッチリペアで人形みたい。

坂元アンジョルラス、何かが違う。。。声のトーン低くしてない?彼のアンジョルラスは「部活とか生徒会とかのリーダー」みたいな印象があるんだけど、今回はそれを払拭しようとしていたんだろうか、というくらい雰囲気がいつもと違いました。中日以来の坂元さんだから日生から変えてるのかなぁ。う~ん、バリケードのシーンとかでも一生懸命学生たちに視線を送ってたりして、学生運動のリーダー!という演技を頑張っていたように思う。泉見さんと一緒だと身長のバランスとかはいい感じなんだけどなぁ。私は「おっす、オラアンジョルラス」な坂元さんもきらいじゃないんですけどね。アンジョルラスは三人ともいろいろ違っていて、見応えがあったなぁ。(小鈴さんを拝見できなかったのだけが悔やまれる)

今さんのスターズ。今回最後と思うと最初から泣けてくるよ・・・。やっぱり星を見上げているときの表情が良いです。微妙に優しげなの!んで目がきらきらしくて・・・。ちょっと痛い感想だな。でも「確かな~夜を見張る~刑事たちだ~」とかはいつものジャベールの厳しい表情になる。岡さんのジャベールはあんまり表情筋を使わないって感じで(たぶんこれは岡さんの演技プランの一つだと思う)無表情でさえある気もするんだけど、今さんは梅田からこっち、表情に変化が見られるようになったのでは?今さんのジャベール観に何か変化でもあったのかしら。

でもスターズって、聞けば聞くほどジャベールが哀れに思えてなりません。星にしか語れないってどうなのさ・・・。アン○ンマンでさえ「愛と勇気」のふたつなのに。これ真面目な話ですよ、レ・ミゼラブル原作自体でもジャベールの私生活なんかはほとんど窺えないですが、獄中の占い師の母と囚人の間に牢獄で生まれたジャベール。こんな生い立ちの彼の人生が順風満帆であったとはとてもじゃないけど思えません。警察に奉職することで、彼自身が正しいとする道を歩んできたのにひとりの囚人を逃してしまったことが、彼の人生に与えた影響はかなりのものであったと思われます。
バルジャンを追う事が、バルジャン自身が言うところの「職務」だけであったとしたらジャベールはそこまで執念をもてたのだろうか。ジャベールがなぜずっとバルジャンを追い続けたのか、そしてそれは単なる「職務」であったのか、そうでなかったのか。う~ん。考えれば考えるほどわかりません。
唯一つ、今回のスターズでもジャベールの「信念」はしっかり伝わってきて涙が止まらず拍手も止まらなかったのでした。今回ショーストップ気味な場面多かったなぁ。やっぱり楽だからでしょうか。塩田さんもショーストップを煽っていた観もあったけど。


まだまだ続きます。(いつ終わるんだろう)
[PR]
by moriko1012 | 2006-04-27 15:05 | 観劇レポ

レ・ミゼラブル4/24ソワレ

午前中は荷物をパッキングして(前日のバーゲンの戦利品とか)配送手続きする。その後待ち合わせのため銀座へ。そしたら山手線が止まっているとのこと。帰宅してから原因は知ったけどあんなに止まっていたとは知らなかった。私自身は神田乗換えなので京浜東北線も使えるから全然不自由ではなかったけど、なかには地下鉄を乗り継いでいく人も多かったみたい。(あとでお会いしたSさんもぎりぎりの到着だったみたい)有楽町で降りて以前から気になっていた自然食のバイキング「自然式食堂餉餉銀座店」へ。ランチ2200円とそれなりだけど(銀座にしては安いのかな)美味しかったです。野菜不足を補えたかしら。

その後和光へ時計の電池交換をしてもらい、デパートをぶらぶら。妹がメイクしてもらっているのを見たりする。サンプルを沢山もらってしまった。化粧品は基本的に決めたものしか使わないんだけど旅行のときとかに便利なのでついもらってしまう。

そんなこんなしているうちに、時間も過ぎて今シーズンラストのレミゼへ。日生劇場へも当分行かないんだろうなぁ。

レ・ミゼラブル 4/24(月)ソワレ
前楽です。プリンシパル・アンサンブルほとんど千秋楽。

ジャン・バルジャン 今井清隆
ジャベール 今拓哉
マリウス 泉見洋平
コゼット 河野由佳
エポニーヌ ANZA
ファンティーヌ シルビア・グラブ
テナルディエ コング桑田
マダム・テナルディエ 瀬戸内美八
アンジョルラス 坂元健児
ほか

お席 2階B列上手

上手といってもかなり端寄りなのでせり出しているのでバルコニー感覚。中日劇場では同じ様な感じの下手側に座ったけど、舞台が近く感じる。あぁ当分この幕も見られないんだろうなぁと感慨にふける暇もなくいつもの様に幕が開いた。


今井バルジャンは、失礼ながら19年刑務所暮らしだったとは思えないほど体格がいいです。(これでもキーヨファンです)今日の今井さんは楽なこともあって結構最初から力が入っていたと思う。

中途半端なところで続く
[PR]
by moriko1012 | 2006-04-24 23:59 | 観劇レポ

買い物ブギとレミゼの夕べ

今日はまずビックサイトでやっていたマルイのバーゲンに行ってました。
今日が最終日とあって到着した12時前には会場は人だらけでした。
人混みにもめげずにジャケット←黒で綿ストレッチのかっちりしたやつでスリーシーズン活躍してくれそう
と黒とベージュのバックストラップパンプスと時計などをゲットしました。ほくほく。

妹と別れて日生に向かうころからパラパラ雨。劇場は意外と子供連れやファミリーも多い。日曜ソワレってそんな傾向あるかも~。私の隣は5、6歳の女の子とお母様、しかもリピーターらしかった。いいなぁちっちゃい時からこういう経験させてもらえるなんて。集中してたみたいで全然騒いだりしないし(当たり前だけど)感心しました。

そして怒涛の観劇レポなのですが空腹なので食事後に!
ジンギスカン食べちゃいます。
b0051973_20544979.jpg


それではレポをアップ(長いうえにまとまってないです)
[PR]
by moriko1012 | 2006-04-23 21:00 | 観劇レポ

ライフ・イン・ザ・シアター  マチネ

朝一の飛行機で上京。なんだか興奮していたのか昨日はほとんど寝ていない私。睡眠不足気味ながらなんとか乗り遅れずにすみました。晴れていたこともあり機内からは富士山が綺麗に見えました。いつもは最終便とかに乗るので私的には貴重な体験です。 羽田から渋谷に移動して西武で化粧品を買う。朝の渋谷は比較的に空いてる。
その後妹と合流して三軒茶屋へ。ランチするとちょうどいい時間になったので、世田谷パブリックシアターへ。

以降ネタバレ

More
[PR]
by moriko1012 | 2006-04-22 22:44 | 観劇レポ

今日も今日とて飲み会

春先は異動があるんでそれにともなって大小さまざまな飲み会(歓送迎会)が催されます。
今日も分掌の関係で移動された方とか新入の方とか、4月初旬の怒涛の仕事に対する慰労の意味を込めた飲み会でした。

豆腐懐石でなかなかヘルシーでよかった。全体でやる飲み会よりざっくばらんな感じなのでお料理もあったかいうちに食べられるし。

一次会で解散するのもよし。10時前には帰宅して明日の準備です。チケットとオペラグラスは必須アイテム。あと帰りの高速バスのための腰枕(ランバーピロー:これ本当におすすめです飛行機の国際便とか、長距離バスとか乗る時にいつも携帯しています。)と空気枕も欠かせません。

忘れ物のないよう準備して明日に備えて寝ます~。起きられるんかいな。
[PR]
by moriko1012 | 2006-04-21 23:31 | 雑記

原油高がにくい。

ここ数年、夏にちょっと長めの海外旅行をしています。
フランス・イギリス(ルーブル・オルセー良かった。イギリスではランズ・エンドまで。ライオンキングも観たなぁ)
スペイン・フランス(マドリッド・トレド・コルドバ・グラナダ・バルセロナ アルハンブラ良かったなぁパリでラデュレのマカロンお買い上げ。美味)
トルコ(イスタンブール・イズミル・パムッカレ・カッパドキア 面白い国!もう一度是非行きたい)

などなど。もちろん一週間以内のは他にもちょこちょこ行ってはいるのですが、この夏の旅行はツアーを申し込まず航空券、ホテル、その他全て自分で組む個人旅行なのです。
いつも同じ友人との二人旅です。彼女は大学時代サークルのいっこ上の先輩でした。楽器は違ったけど、同じ金管ということ、同じ学科(研究室はちがったけど)ということなどあって仲良くはさせてもらっていたんだけど、ひょんなことから2回生のとき(彼女は3回生)一緒にイタリアに行ったんです。これはツアーだったんだけど、その後は個人で10日前後夏にいろいろ行っています。
お互い仕事もあるし休みをあわせるのはなかなか難しくて一度は私がキャンセルして彼女が一人でギリシアに行ったことも。でもお互い旅行における志向(遺跡とか美術館とかが連続しても全然オッケー、むしろそれメイン)とか、どれだけ歩いても苦にならないとか、とにかくお互い気疲れせず楽しく旅行できる貴重な友人なのです。

で、今年は最初中欧~東欧(オーストリア、チェコ、ブルガリアあたり)を考えていたわけで。特にブルガリアには絶対行きたいと思っていたんだけど。
友人の異動があっていつものような長期休暇は難しいということになってしまった。
ということで今回は、二人の「いつかは行きたいところリスト」から第二候補地として挙がったのがカンボジア。そうアンコール・ワット!

なので今いろいろと航空券を探しているのですが。アンコール・ワットのあるシェムリアプまで直行便は無いので乗り継いでいくしかないのです。たとえばバンコクとかベトナム、クアラルンプールとかシンガポールなど。
できればホーチミンとかにも寄りたいなぁ(ミス・サイゴン)と思ったりしていろいろなところをあたってはいるのです。ネットで良さげなのを見つけて問い合わせをするのですが、ひどい事態が。

サーチャージがありえないことになっている。

世界的な原油高のために航空運賃に付加される特別料金のことです。一区間あたりいくらと各航空会社で規定されているのですが、これが去年よりもまたまた上がっているのです。
たとえば、マレーシア航空。クアラルンプール経由で、シェムリアプとホーチミンでクアラルンプール経由とすると。(つまり四区間ですね)19100が追加されるのです!!嘘でしょう。

ちょっとぼったくりすぎじゃぁないだろうか。
まだまだ格安航空券探しの旅は続く・・・。じつはこれが個人旅行の醍醐味でもあるのですが今回はちょっとくじけそう。
[PR]
by moriko1012 | 2006-04-20 22:15 | 旅行記

週末(観劇旅行)まで、あともう一日~♪

今日は、仕事終わりごろになって偏頭痛がひどくなってつらかった~。先週末に行った接骨院に直行したんだけど。激混みでした。ここの近くには高校が二つあるので柔道部とか、相撲部とかのお子ちゃまたちの通院にちょうどバッティングしちゃったのね。
ちょっと待ち時間があったのですが首を中心にほぐしてもらって、肩周りはすっきりしたかな。
ただ頭痛はあまりよくならなくて、結局薬飲んでこれかいてます。

明日は、職場の飲み会。これのために金曜日の飛行機をやめて土曜日に上京することに。金曜日は代金安めなんだが、土曜日って高いなぁ。でも飲み会の後高速バスは以前やって気分悪くなっちゃったことがあるので、パス。だって待ちに待ったライフ・イン・ザ・シアターだし、気分良く観たいし。
そして、日曜日はビックサイトのバーゲンに行って、別・今ソワレ。んで有給とって月曜日は今・今楽だ~。あぁ書いているだけで興奮してきたよ。
[PR]
by moriko1012 | 2006-04-20 21:34 | 雑記

ペテン師と詐欺師記者発表

シアターガイドのHPはいつも思うことですが仕事が速い!
4/17に行われたミュージカル「ペテン師と詐欺師」の制作発表記者会見の模様がすでにアップされてました。鹿賀さんのお名前が一ヶ所加賀となっているのはご愛嬌。そもそも鹿賀さんのお名前の由来は某キャトルセゾンのボスが彼の出身が石川県だったことでつけたとか、つかなかったとか。でも加賀市じゃなくて金沢のかただったと思います。あと、出身校が合唱部の強豪で、たしか鹿賀さんご自身も合唱部じゃなかったかなぁ。東京大学教授の上野千鶴子さんを輩出したりしている進学校です。あと、どうでもいいことですが鹿賀さんと同じ誕生日だったりもする。。。

共演者なんかはホリプロオンラインでも発表されていたので目新しさはないけど、市村さんと鹿賀さんの競演は本当に楽しみです。アートスフィアは行ったことないので楽しみ~。愛華さんは34丁目でも拝見したし、なにやら今度の忍者ミュージカルにも出演なさる模様。今年は何度か拝見しそうな方です。

でも一般のニュースでは、こうなっちゃうんだよねぇ。文化度低すぎませんか?

梅田芸術劇場、愛知厚生年金会館でも上演される模様です。う~ん、AKUROと風去りひっかけて東京で観るべきか、梅田にすべきか~。



自由に質問を作って答えてください


「貴方にとってレ・ミゼラブルとは?」
すっかり、人生変えられました。今拓哉さんという素晴らしい役者さんに逢えたこと、ミュージカルやストプレの奥深さに気付かされたこと、お財布の紐がますますゆるくなったこと・・・などなど。

次にまわす三人


レミゼ好きの方ならどなたでも~


レミゼバトン最終回でした。
[PR]
by moriko1012 | 2006-04-19 10:01 | 雑記


カテゴリ
以前の記事
MURMUR
お願いとお断り
※コメント・トラックバック歓迎です。ただしブログに無関係のコメントなどは、予告なしに削除させていただきます。
(マルチポストコメントと思われるので意味ないかもしれませんが、とりあえず掲載します)

LINK
TOSHIO KAKEI
筧利夫氏の公式ページ。
ブログの更新結構頻繁です。

私が一方的にですが、「今さん仲間」と思っている方々のブログ。
続・徒然@篠文鳥
歌う風のように

今後の観劇(散財)メモ
1/21 18:30
相棒
日本青年館
1/30 15:30
カサブランカ
東京宝塚劇場

にほんブログ村 演劇ブログへ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧