蝸牛記


日々の暮らし 読書メモ 観劇(レ・ミゼラブルなどミュージカル中心)メモ(筧利夫さん・今拓哉さん中心) 旅行メモ・最近は宝塚にも手を広げてしまいました。
by moriko1012
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2006年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

Mr. Pinstripe  

飛龍伝以来の青山劇場。

Mr. Pinstripe  I列 下手センターブロック

前日まで得チケが出ていたので、客席状況は?と心配もしていたのですが千秋楽なこともあってかほぼ満席だった。(二階席は不明ですが)上演時間が休憩コミで二時間とは短いなぁとも思いましたが、ショーってこんなものかも(MCなかったし)

オープニングは戸井さんと今さん。今回はセリを使った演出が多かったかな。ちょっと最初から素敵なスーツ姿ではないですか!黒スーツに白シャツなんだけど、襟元にアクセがついててお洒落な感じ。一幕の前半部分だけストーリー仕立てでした。今さんのパンフでの「結末は人に喋らないで」はこのストーリー部分の結末だったのかな。
このシーンでは今さんはモテモテ(もはや死語)っぷりを発揮しておりました。歌わないところでも小芝居をたくさんしていて目が離せませんでした。ちょっとタラシっぽい設定?風花さんに告白されてからは、彼女と飲んでたみたいだけど、風花さんが飲みすぎちゃって大変そう。その後絵麻緒さんともいい感じになってしまい、最初は三人で上手く?やっていたみたいだけど、結局風花さんに平手、パンチ、キック(急所に!)されダウン。風花さん「かぜを結んで」の今さんの妹役以来なのですが、ダンスの素敵なこと!綺麗でした。さて、ダウンした今さん(痛がってる演技が良い)を尻目に、風花さんは樹里さんにであって、恋におちてしまうのです!ここからは、ふたりの宝塚時代を知る人にはたまらないシーンだったのでしょうねぇ。からみが激しくなるにつれて樹里さんの声がどんどんと、男役時代の低い声になっていたのがツボでした。そんな雰囲気の二人を見て、今さんが焦って風花さんに呼びかけるんだけど、二人の世界にどっぷりな二人は無視。最後は今さんは絵麻緒さんと、風花さんと樹里さん、Mr.Cellophane が絶品だった平澤さんと横山さんがまとまり、のこされたのは…、そう玉野さんと戸井さんだったのでした。戸井さんはストレートな設定で、玉野さんはもともと戸井さん狙いだったのかしら、熱烈な抱擁とキスをしてました~。
とにかく、ここがいちばん面白かったな~。私はやっぱりストーリのあるほうが好きなのかも。
あと、一幕の後半は女性チームの倖田來未メドレー、男性チームのアンサンブルとか。

二幕はBilly Joel メドレーから。ここの今さんは革スーツです。シャツはボタン二つほどあけてたと思うけど、チラッと肌見せがセクシーでした。(もっとボタンあけて~と思ってたのも事実ですが)ここで今さんはHonestyを歌ってました。綺麗に歌ってたと思うけど、サビの部分のあがる所がすこしぶら下がり気味だったかも。あと、ガラコンでも思ったけど、英語詩あまり得意じゃないのかな~、と思ったり。その点忠の仁さん訳詩の「This is the moment」は素晴らしかったです。これ、岡さんの1st アルバムにも入っていたので、じっくりと今さんの歌声を堪能することができました。すごい迫力でタメもしっかりとって、衣装も長めのジャケットでイギリス紳士っぽくまとめてたかな。
樹里さんの「New York State of Mine」はジャジーで色っぽくてよかった。スウィート・チャリティでも姐さん!とよびたくなるような格好よさでしたが、ファンになってしまいそうです。小野さんのダンスも綺麗でした。スタイルいいですねぇ。この人も格好いい系。チラシで見ましたが今度「幕末純情伝」やるそうです。格好いい沖田でしょうね~。戸井さんの「アンセム」も朗々として良かった。

玉野さんのタップは前から思ってましたが生で見ると、本当に絶品ですね~。素晴らしい!一幕では平澤さんもすごかった。今さんも挑戦すればよかったのに~。まぁ、今さんのダンスは全体的には素敵でしたけど、たまに遅れてる?とかあったかな。ひとりだけ背が抜きん出てて、手足が長いので悪目立ちする所もあったのかもしれません。

フィナーレは右肩に孔雀の羽付の白スーツでご登場でした。似合ってました~。今度何かの制作発表の折には是非白スーツを!とか思ってしまいました。アカペラっぽい「The Rose」も荘厳な雰囲気でジーンとしました。

カテコは盛り上がって3回くらいあったのかな。最後は今さんがミニソロダンスを披露してましたね。全般的にニコニコと楽しそうなところが印象に残りました。
10000円は正直高いと思いましたが、どのメインゲストさんにも等分に見せ場があったので特別今さんの出番が多い、少ないってことはなかったけど、ファンとしてはもう少し出て欲しかったとも思ったり。あ、私の後ろは樹里さんのファンの方々がいっぱいでした。モダン・ミリー岡さんも出るし行ってみようかしら。

3時過ぎには終わっていたので、109でM.A.のチケ発券。いやぁ、休日のマルキューになんか行くもんじゃないですね。高校3年以来入ったけど、めちゃくちゃ場違いでした。有楽町の国際フォーラムに行けばよかったな~。(軽く後悔)

さて、これで年内今さん見納めでございます。来年はブルックリン・ボーイから!ストプレ期待しております。あとラジオドラマも来年かな~。
[PR]
by moriko1012 | 2006-11-27 11:17 | 観劇レポ

観劇ツアーファイナル(ただし年内)

マリー・アントワネット→ト-チソング・トリロジ-→MR.PINSTRIPE→マリーアントワネットと、怒涛の四連チャンして只今バス休憩中です。今ちら~っとブログめぐりしてましたら、びっくりニュースが。マルシアアイーダが福岡に出現だって!うわ~ブルックリン前にアイーダなんだ。アイーダは縁がないようで未見なのですが似合いそう。シルビアアムネリスが出てたこともあるから、アイーダは外部出演枠でもあるんかな。
観てみたい気もしますが、四季も劇場が多くて役者不足なのかしら。
出発したので寝ます。
[PR]
by moriko1012 | 2006-11-27 01:01

怒涛の観劇!

今回も貧乏なのでバスでした。初めて使った会社でしたが、座席がハイテクな感じでよかったです。さすがプレミアムシート!って私がプレミアムなんて使えるのはせいぜい高速バスくらいのものですわ。(しょんぼり)また機会があったら使ってみようかな。
さて、今は新宿のネットカフェからこれを書いているのですが、(今回は新宿降車でした)このあといつもの通り御徒町燕湯へ行き、銀座でプラプラしてとうとうマリー・アントワネット観劇でございます。新妻マルグリットです。評判は様々なようですが、4・5月のためにもしっかりと見届けてこようと思います。あと、ついでに笹本さんも観てしまおうということで、日曜日ソワレ追加してしまいました。某譲渡版で格安で譲っていただきました。(感謝!)

トーチソング・トリロジー、そしてMr.Pinstripe楽しみです!PARCO劇場は初めて、青山劇場は飛龍伝以来です。
[PR]
by moriko1012 | 2006-11-25 07:05 | 雑記

宿題に追われるように

今日は休日出勤で、何が「勤労感謝の日」だよと毒づいてもいたのだけれど。一仕事のあとにつらつらと、たまった観劇レポを書いてみたり。

とりあえず風と共に去りぬ
ペテン師と詐欺師
書く女
[PR]
by moriko1012 | 2006-11-23 22:45 | 雑記

兼六園

b0051973_2012048.jpg

紅葉がキレイだったんですが、これは微妙かも~。携帯変えようかなやっぱ。
[PR]
by moriko1012 | 2006-11-20 20:01 | 雑記

ブルックリン・ボーイについて

今週末にMAとトーチソングトリロジーとMr.Pinstripe(得チケでましたね~、お近くの方は是非!)をひかえてこの週末は土曜日に金沢へ日帰り温泉でした。兼六園には学生時代何度か行ったり、花見したりしてましたが、お金を払って入園するのは初めてじゃないかな。(前は県民無料の日とか、無料開放の日に行ってたので)
紅葉が綺麗でした。日影はちょっと寒かったけど良かったです。ついでに石川門の中と三十軒長屋を特別開放していたので見学してきました。実は初めて金沢城って行ったのですが、門内の柱や梁などは今ではないようなどっしりとしたものがあって、普段入れないことも併せて、お得な気分に。
日帰り温泉は、寄り道が多すぎたので一度しか入れなくて残念でしたが、久しぶりに観劇じゃない「秋の日」を満喫しました。

さて、週末のMr.Pinstripeを終えると、いよいよ今さん久しぶりのストプレ「ブルックリン・ボーイ」です。気が早いですかね~。
以前のエントリーでも触れましたが、先週読了したので、ほんの少し。

長いので分けます。
[PR]
by moriko1012 | 2006-11-20 15:30 | 今拓哉

書く女 

席:最後列センター

セットは高めに組んであって、障子が衝立のように場を区切る効果を持っていて面白いと思った。チラシは現代的な寺島しのぶだったので、一葉の霊でも乗り移った女性作家の話なのかと思っていたが、前日のプレトーク(面白かった。聞き手で松岡和子さんがいらしてました)で、一葉の人生を描いたものだと知った。なので、キャストは皆着物や学生服。寺島しのぶは洋装だとあまり感じなかったが、和装だとお母さんに似てきたな~と感じる。ただ、こんな声だったのかしら?と不思議になったりもした。いやに作った声に聞こえて。
一葉の作品は子どもの頃に、少年少女向けに書き直された「たけくらべ」を読んだことがあるだけで、若くしてなくなった天才作家みたいな印象があった。書いて書いて、お金がなくて、でも書いて・・・。まさに「書く」女だったのだけれど、ラストシーンの一葉の「凄み」みたいのが怖かった。「書く」ということがこれほどの「業」であるということ、よく魂を削ってという表現があるけど、一葉のはまさにそれだったのかもしれない。
一葉が小説であらわしたかった、「新しい女」の姿は、のちのフェミニストよりも、もっと巧妙である意味狡猾なものではなかったのかというあたりは、永井さんが言いたかったのかな~と感じました。永井さんも「書く女」。「書く女」の描いた「書く女の一生」を堪能しました。ただ、7時から始まって終わったのは10時15分頃。今回の舞台上の仮設ステージだったので椅子がプラスチック!終わったあとは心身ともに疲労困憊でございました。
[PR]
by moriko1012 | 2006-11-16 00:00 | 観劇レポ

レミゼの日まで~あともう207日~♪

製作発表あったようですね~。今回はムラタ日記の更新早いですね。
早く動画アップしていただきたいです。写真が微妙にぼやけているようですが、一番右端が今さんなのではないかしら?

ところで、Mr.Pinstripe関係でサーフしておりましたら、共演者の樹里咲穂さんと風花舞さんのブログに、12日に今さん、樹里さん、寿さんの合同お誕生祝いが行われたそうです。
玉野さん率いる聖歌隊がそれぞれの方にあわせた替え歌でお祝いしたとか。
樹里さんは、チェッカーズのジュリアにハートブレイクでじゅり~と歌ったとか。
今さんは、いったいどんな歌でお祝いしてもらったんでしょう。仲の良いカンパニーのようで、本番が楽しみです~!
[PR]
by moriko1012 | 2006-11-13 22:56 | 今拓哉

今はこれが精一杯、な気持ち。

今日は休日と言うのに、帰宅したらチャングムに丁度良い時間でした。
たった五分の番組の編集に何週間もかかるんですから、放送業界で働いていらっしゃる方には頭が下がります。明日は、結果はどうあれ頑張ったとおもうよ。(でも私もジャッジする側なんですけどね~。何本も番組観ると本当にしんどいので、明日はもっと疲れるだろう)

チャングム、もうラスト近いというのにすごいジェットコースター的展開です。人の愛し方って、それぞれだけど、ミン・ジョンホの愛が自分的には一番泣けます。とはいっても王様もあれは、あれで辛いかもですが。

えっと、いろいろなレポ書き溜めているのですが、アップできずにおります。明日越えれば何とか時間が出来るかな~。

しかし、今日はこのエントリーせずには寝られません。

今拓哉様、お誕生日おめでとうございます!

えっと、38歳になられたのかしら?1968年生まれだったと思うんだけど。先日のFC会報では誕生日に寄せていろいろと書いていらっしゃいましたが、今さん本当に素敵に年齢を重ねていらっしゃると思います。きっと今はMr.Pinstripeのお稽古中ですよね。その後はストプレのブルックリン・ボーイ(原作シナリオ読み中です。多分今さんの役は俳優のTylerじゃないかな、これについてはまた今度詳しく書きたい)もあるし、フェルセンにジャベールに・・・。大忙しの一年になりそうですが、お体に気をつけて頑張ってくださいませ。

ネットの片隅でお祝いさせていただきました。青山劇場でお会いできること、楽しみに仕事を乗り切りたいな~。
[PR]
by moriko1012 | 2006-11-12 00:54 | 今拓哉

人生は素敵。人生は最高。

今から地元に戻ります。今回は行き帰りのバス会社が違うのですが、今日は新宿から。三列シートなので行きよりは、かなり快適です。
今日は結局筧さんを諦めだらだらとレミゼ10周年コンサートのビデオを観てました。昨日拝見した鹿賀さんも素敵だったけど、10年以上前の鹿賀さんは、ずいぶんお若かったです。
壁抜け男、とても良かったです。機会があればまた観たいなぁ。ペテン師のレポと併せて後日アップします。
しかしペテン師の会場でAKUROの記事目当てにシアターガイド買ったのは私くらいかも。
これで怒涛の観劇ウィークは終わりです。中旬の書く女まで地味に生きます。
[PR]
by moriko1012 | 2006-11-05 23:04 | 雑記


カテゴリ
以前の記事
MURMUR
お願いとお断り
※コメント・トラックバック歓迎です。ただしブログに無関係のコメントなどは、予告なしに削除させていただきます。
(マルチポストコメントと思われるので意味ないかもしれませんが、とりあえず掲載します)

LINK
TOSHIO KAKEI
筧利夫氏の公式ページ。
ブログの更新結構頻繁です。

私が一方的にですが、「今さん仲間」と思っている方々のブログ。
続・徒然@篠文鳥
歌う風のように

今後の観劇(散財)メモ
1/21 18:30
相棒
日本青年館
1/30 15:30
カサブランカ
東京宝塚劇場

にほんブログ村 演劇ブログへ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧