蝸牛記


日々の暮らし 読書メモ 観劇(レ・ミゼラブルなどミュージカル中心)メモ(筧利夫さん・今拓哉さん中心) 旅行メモ・最近は宝塚にも手を広げてしまいました。
by moriko1012
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

やらかした。

今日は帰りがけにやらかした。
明日、顧問会議で昼から出張で、あともうひとつ研修会があってかけもちで出張伺いを出す予定が、協議会から依頼文が来なくて。
前の研修会もギリギリだったし、とりあえず管理職にきいてみて、事務でも探したんだけど、なくて。とりあえず担当校に直で聞くことに。

そしたらば、なんと研修会は来月の2日だったのよ・・・!
研修会場校に電話したので、まだ協議会校に聞くよりは恥は少なかった。とは思う。
でも管理職や、事務方をお騒がせしてしまい、申し訳なかったよ。。。
はぁ。とりあえず、気づいてよかった。

あと、今日上司から生徒との距離について、注意っていうか、まぁその類のことを言われた。
私としては、図書館は学校だけど、教室じゃないし、私は微妙な立場だし、なるべく生徒がリラックスできる場所になればと考えている。もちろん、ある程度のけじめは必要だとは思う。ただ去年のように、教科担当であれば成績などもつけなくてはならないし、授業のこともあるから、それなりの距離をおこうとは気をつけていた。


ただ、図書館司書と生徒の、適切な距離ってなんなのかなぁ。
一応この学校では若い部類に入るし、話し易いと思ってくれてる生徒もそれなりにはいるんだろうとは思うし、特にストレスの多い受験生とかは少しの時間、発散してるのかなぁとも思うしで、どうしたもんかなぁと悩んでしまった。


一応、気をつけますというようなことを言ってはみたんだけど、100%本心ではないのは確かで。うーん、困った・・・。


友達より深く楽しむ外国映画の歩き方   三笠 加奈子著


ぱらぱらと見たけどなかなか面白い。スター・ウォーズのルークとイエスの共通点とは?とか移民の事情と映画の関係とか、ハリウッド版リングのサダコのアメリカ版名に隠された秘密とか・・・。
確かに知ってるとより映画を楽しめるかも。最近映画行けてない。このままいくと、ハウルにまで行けないかも。誰も知らない観たかった。本当はやさしい嘘と、モーターサイクル・ダイアリーズが観たい。
どっちも単館系だし近くではやらないかも・・・。
[PR]
# by moriko1012 | 2004-11-01 23:44 | 雑記

大学生って若いかも

今日は母校の学祭で。
ギリシア史の先生の講演会に出席してきた。
その前に、今年から同業種に就いている後輩と情報交換をかねて、ランチ。
いろいろと、ためになった。学校は違えども悩みはいっしょだわ。

んで、講演会です。
内容は要約すると、

古代ギリシア史において、文化の変遷というものは別の文化を持つ人々が、以前の人々を駆逐して築いたと考えられていた。例えば、いわゆる世界史では、イオニア人、そしてドーリス人の南下というような、順序で規定されるのが言説として、定着していた。
しかし、近年の言語学的見地でみれば、ドーリス方言→イオニア方言とみられる。また考古学的観点からも、従来は破壊を中心にみていたが、連続性を見ることによって、プロトタイプの存在が明らかになりつつある。つまり、文化が急激に変化するのではないということだ。
また、従来のディスクールには19世紀末期から20世紀初頭の同時代的影響が色濃く見られることにも、注意しなければならない。
こうしてみると、従来のギリシア自体は文明を受容はしてきたが、それ自体が新しい文明を作ることはなかったという説も、疑問を持つべきだろう。


なかなか興味深く感じた。私はローマ史だから古典古代には少しは免疫がある。
しかしこういった講演は、その専門的な細部に関して、というよりは外枠の部分に関心がたかい。つまり従来の言説=ディスクールに対し、これからの歴史学はどのようにあるべきか、ということ、西洋史学に関していえば、日本人研究者がどのようなスタンスで、接していくべきか、またその学問的意義はどこにあるのか。などといったことだ。

たまには、アカデミックな雰囲気に浸るのも良い。
でもその後は研究室で、学生の若さに触れ、また諸先生方と雑談し。お茶菓子を恵まれ、あんまりアカデミックじゃないなぁと思いつつ、家路についた。

最近はまっているもの。

バッテリー あさのあつこ著


まえまえから気になっていたんだけど、面白い!
児童文学なので、振り仮名とか振ってあってちょっと恥ずかしいkど、(文庫も出ました。そおっちも今度読むつもり。)最新刊まで読みたいから単行本で。
主人公がかなり正確に難ありだし、単純な全国大会行こうぜ!みたいなスポコンものではないところもいい。あと、児童文学にありがちな結末や説教くささもなく、リアルな匂いがする。
いまのところ、3巻まで読了。
来年には最終巻の6巻が出る予定。

あと、先週までNHKFMの青春アドベンチャーで、再放送していた。
私は夕方の再放送で、たまに聞いてる。今週最終回なはずなので、なるべく聞きたい。
早めにあがれると車で聞けるので。
[PR]
# by moriko1012 | 2004-10-31 22:55 | 雑記

地震 その他の出来事

地震 その他の出来事
余震がすごい。今日も揺れた。
JR線の復旧はまだ遅れるらしい。生徒には関東方面の受験を心配する向きもあるようだ。
受験等で利用する交通機関は、冬期であることを考慮すると、JRが望ましいのだ。
となると、現在は米原経由をりようするしかなく、時間的にも金額的にも負担が大きくなる。
当初の回復予定が、余震等の影響でずれ込むことが予想されるので、彼らの心配も杞憂ではないかもしれない。
私自も11月に予定があるので、困っている。荷物に楽器があるので、JRでいく予定だったのだが、(飛行機は1席余分に買わなきゃならないので)こうなるとバスかなぁ。
高速バスといえば、今年の夏スペインのグラナダからバルセロナまで、12時間ほどバスに乗ったけどしんどかった。まぁこれを思えば7時間くらいは大丈夫か?

それにしても男の子が救出されて良かった。救出活動をされている方々はシリウスといわれる探査機を使って、危険な状況下でも作業を続けられたそうだ。これは人間を含む生物の心肺を電波でキャッチする人命探査装置でドイツで開発されたらしい。これが人命救助に役立ったのは今回が初めてらしい。周波数で年齢や衰弱具合も判断できるらしい。


さて今日の1冊

私が語りはじめた彼は   三浦しをん著


中国古代史研究者の村川をとりまく人々の連作短編集。
村川はこの本で「語られる」ことはあっても自ら「語る」ことは無い。様々な人の語る村川が私たちのなかで、彼を形作る。不倫やら、人間の感情がどろどろしているが、文章的にはわりと硬質な感じがする。著者はまだ20代だそうだが、どっしりしたかんじのする人だと思う。
結局村井は中国の皇帝だったのだろうか?

タイトルは田村隆一の詩「腐刻画」の一節から。借り物だが秀逸なタイトル。



この男  つまり私が語りはじめた彼は  若年にして父を殺した  
その秋  母親は美しく発狂した

腐刻画とはエッチングのことだろか。この彼とは父を殺した彼であるだろうが、「私が・・・」の彼とは一体誰のことを指すのだろう。やはり村川なのだろうか、それとも?

今日の文体はなんだか硬いなぁ。しをんの影響?

あ、「相棒」サードシーズン、今回は第1話を3回まで引っ張った。木村佳乃の眼がコワイ。
今回のボスキャラ?また最終回に出てくるのかな?
来週は右京が免職される?確かに職務を逸脱しているとは思うけど。
そういえば、小野田さんはなんでたまにオネェ言葉になるんだろう?岸辺一徳さんのキャラ設定?それともデフォルト?
[PR]
# by moriko1012 | 2004-10-27 23:59 | 雑記

めっきり寒い

b0051973_21435644.jpg
ありえない寒さだ・・・。
日本シリーズイマイチ盛り上がらなかったように思う。西武が職場からわりと近くにはあるけど、ふだん利用しないのであまり行く気にもなれず、帰りにイオンによって(応援ありがとうセールなるものを開催中)マックスファクターに久しぶりに寄った。
最近友達のドラッグストア経由で買ったりもらったりしてたから、かなり久しぶりに購入。
化粧水はここ数年イリューム、乳液はSK2使用。

あとは本屋に寄って、

あたしンち10巻 けらえいこ著
大人の問題 今市子著

購入。あたしンちは毎年1冊しか発行されないので、もう10年かぁという感じ。
毎週日曜日の読売新聞が楽しみだったもんなぁ。アニメはなかなか見ることは出来ないんだけど。そうそう去年の今頃映画の公開にあわせて、キャンペーン中のお母さんのきぐるみに新宿で遭遇したことがあったなぁ。妹も一緒に写真とってもらったりして。(アップしたのはお母さんピンの)

ともかく、今回のも笑わずにはいられなかった。あー苦しい。
もうひとつのは、もう10年近く前の作品で、BL系雑誌に掲載されていたこともあって、そちら系コーナーにあったので、少し躊躇われたのですが、前々から評価の高い作品だったので、思い切って購入。今市子さんは画が本当に綺麗なんで、好きな作家さん。

これは、一言で言うと、
主人公の父親は実はゲイで、それが理由で幼い頃母と離婚したが、最近26歳の若い男と再婚(養子縁組)することになり・・・
といった感じで展開する話。この1冊で完結しているが、とてつもなく凝縮されていて濃い!
「家族は増殖していくものだ」 という主人公のコメントが深い。

期せずして今日はどちらも家族がテーマなチョイスでした。
[PR]
# by moriko1012 | 2004-10-26 21:44 | 雑記

皆もすなるブログといふものを、我もしてみむとて・・・

今日から、いつまで続くかわからないけど、やってみましょう。

先週からの風邪がなんとか、回復基調にあるよう。出勤してみたら、生徒も何人か休んでいるようだった。
最近寒いからなぁ。

昨日の地震の余震がまだまだあるようだ。午後にこちらでもちょっと揺れた。震源地のほうでは1ヶ月以上つづくらしい。体に感じないものはなんと1年くらい続くらしい。
食料も不足しているようで、寒さも本格化してくるこれから、早急の対策が必要だろう。


今日の本

あなたの値段 当世給料事情 毎日新聞社経済部編


これで一番びっくりしたのは、市の清掃員でも年収1000万近くいくこともあるということ。
あと機長もすごい。ただ体調管理や、いろいろなリスクもあるけどね。
国家公務員キャリアもすごかった。
某ドラマのことが頭をよぎったよ。S城補佐官お金持ち!


そういえば、今日はA島さん、もとい織田裕二の月9ですな。
とりあえずみてみているのですが、そんなに面白いものでもないような・・・。
登場人物が多くてごちゃごちゃしてる気もする。矢田亜希子は可愛いけどなぁ。変に病気とか匂わせずに普通のラブコメにしちゃえばよかったのに。
まぁ天下の織田様だからねぇ。

今クールは筧さんはでてない(というか無理)ので、さみしい。でもサイゴンみて、やっぱ舞台の人と再確認。財布が苦しいけど1年に1回は舞台続けてほしいなぁ。 もちろんコトーも楽しみですが。
あと1回サイゴンは鑑賞予定なので、いまから楽しみすぎ。ただ、前回のような装置のトラブルがないことだけを願っています。22日はとうとう中止になってしまったみたいだし。
やはり古い装置を使っているのが問題なのか、スタッフの技術の問題なのか・・・。
代替公演とかいわれても、私のように遠征費使ってる立場としては、チケットだけの問題じゃないので、ほんとうにしっかりしてほしい。

あと1ヶ月ないですが、サイゴン関係者の皆様がんばって! 
[PR]
# by moriko1012 | 2004-10-25 20:38 | 雑記


カテゴリ
以前の記事
MURMUR
お願いとお断り
※コメント・トラックバック歓迎です。ただしブログに無関係のコメントなどは、予告なしに削除させていただきます。
(マルチポストコメントと思われるので意味ないかもしれませんが、とりあえず掲載します)

LINK
TOSHIO KAKEI
筧利夫氏の公式ページ。
ブログの更新結構頻繁です。

私が一方的にですが、「今さん仲間」と思っている方々のブログ。
続・徒然@篠文鳥
歌う風のように

今後の観劇(散財)メモ
1/21 18:30
相棒
日本青年館
1/30 15:30
カサブランカ
東京宝塚劇場

にほんブログ村 演劇ブログへ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧